(C)財団法人日本相撲協会/(C)GREE, Inc.

写真拡大

財団法人日本相撲協会とグリーは2012年11月、スマートフォン、フィーチャーフォン向けソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「GREE」で、日本相撲協会公認となる初のソーシャルゲーム「大相撲カード決戦」を配信する。

日本一の力士を育成

日本全国を巡業しつつ、力士カードやちゃんこ食材を集めて、自分だけのオリジナル部屋をつくり、日本一の力士を育成するカードゲームだ。

強力な力士には他のユーザーと協力してぶつかり合うなどといった、ソーシャルゲームならではのコミュニケーション要素も取り入れられている。

使用する力士カードは、ベースボール・マガジン社が発行する「大相撲カード」の全面協力のもとに制作され、横綱「白鵬」をはじめとした現役の力士だけでなく、「北の湖」「千代の富士」「貴乃花」など日本中を熱狂させた名横綱も出演する。

基本プレーは無料(アイテム課金型)。