壁掛けと卓上置きに対応

写真拡大

エー・アンド・デイ(東京・豊島区)は2012年11月、アラームつきデジタル温湿度計「AD-5640B」を発売する。標準価格は、3570円。

設定値下回るとアラーム

2007年12月に厚生労働省が発表した「インフルエンザの基礎知識」では、室内は加湿器などを使って適度な湿度として50〜60%を保つことが推奨されている。一定の湿度に保たれているかを終始チェックするのは面倒なものだが、そんなときに役立つのが、今回登場したアラームつきデジタル温湿度計だ。

通常の温湿度計に加え、温度や湿度の上限値と下限値を設定でき、その範囲を超えた場合は、赤色の高輝度LEDやブザー音などでアラームを出して注意を促し、加湿などの予防対策を喚起する。例えば湿度の下限値を50%と設定すると、それを下回った時にアラームが発せられる。

ブザー音のオン・オフを設定できるほか、アラーム設定値を子供などが誤って再設定することを防ぐキーロック機能を持つ。使用場所に合わせて、壁掛けと卓上置きが可能だ。