東京都内の猫カフェを渡り歩いてみた (5) ヨチヨチ歩く短足猫マンチカンがかわいすぎる-猫カフェ「きゃりこ」後編

写真拡大

前編では、吉祥寺にある猫カフェ「きゃりこ」の猫たちをご紹介した。

後編では、前編でご紹介できなかった猫たちを紹介したい。

赤い服を着て窓辺でくつろいでいるのは、アビシニアンという種類の女の子で、名前はアリスちゃん。

ブルーの淡い毛色が美しく、大きな耳が特徴だ。

運動量がかなりあるそうで、「どう猛なハンター」の異名も持つアリスちゃん。

この日は寝起きだったためか、とてもゆったりとした動作だった。

そっとおでこをなでてみると、とても気持ちよさそうな顔をしてくれた。

大きな窓から見える空を見上げているのは、ラガマフィンという種類の女の子・プラムちゃんだ。

まるでライオンの赤ちゃんのような見た目で、ふわふわの毛が特徴的である。

失礼して下から撮影してみた。

かわいいマズル(口元)の下には、ふさふさの胸毛が。

少し大きめの猫ちゃんだが、狭いところに挟まるのが大好きだそうだ。

ここでとても短い足の猫ちゃんが登場。

マンチカンという種類の女の子で、名前はポコちゃん。

この種類の猫の中には、短足の特徴がでない猫もいるが、ポコちゃんは見事にマンチカンらしい足を持っていた。

短い足でヨチヨチと歩く愛らしい姿に、たくさんのお客さんが魅了されるという。

足が短いため、高いところに登るのが苦手だそうだ。

子猫のような足取りで店内を歩くポコちゃん。

体全体を使って懸命にヨチヨチ歩く姿は、なんとなくペンギンの歩き方を連想させる。

こちらへトコトコと歩いてきたのは、アメリカンショートヘアの桃ちゃんだ。

アメリカンショートヘアーといえば、グレーと黒の色が一般的であるが、桃ちゃんは「カメオタビー」という珍しい毛色を持つ。

シャイでおとなしい性格の女の子だという。

オーソドックスな色合いのアメリカンショートヘアーもいた。

祭ちゃんという女の子。

ひな祭りの日にやってきたので、この名前になったという。

とても面倒見の良い性格で、猫カフェのボス的な存在だそうだ。

ここで息を飲むほどの美猫が登場。

ノルウェージャンフォーレストキャットという種類で、名前は「みかん」ちゃんだ。

ふわふわの毛並みが特徴で、特に胸のあたりの毛がかなりモフモフしている。

丁寧にブラッシングされているらしく、滑らかな手触りの毛並みだった。

一見、このみかんちゃんかと見間違える猫もいた。

名前はよつば君。

マンチカンという種類の男の子だ。

みかんちゃんとは違い、顔の白い部分が少し少ないのが特徴。

マンチカンという種類のため、とても短い足をしている。

座ってしまうと、足がほとんど毛に隠れてしまうほどだった。

悠然とこちらに歩いてくるのは、ノルウェージャンフォーレストキャットという種類のショコラちゃん。

2月14日のバレンタイン生まれであることが名前の由来だという。

足の先が白く、まるで靴下を履いているかのような前足をしていた。

豊かなたてがみを持ち、その白さが目にまぶしい。

「触ってもいいですか?」と許可をとり、そーっとおでこを触ってみる。

下を向いてゴロゴロと喉を鳴らす姿は、威厳あふれる見た目に反してまるで子猫のようだった。

店内には猫のグッズがたくさん置いてある。

猫のクッションやぬいぐるみなど。

お客さんからプレゼントされることもあるという。

猫と遊ぶためのおもちゃも用意されている。

中には少しほつれているものもあり、猫たちが元気いっぱい遊んでもらっているのがよくわかる。

■店名猫カフェきゃりこ■住所東京都武蔵野市吉祥寺南町1-5-7 雪ビル4F■営業時間10:00〜22:00(ラストオーダー 21:15)■料金平日は1時間1,000円、土日祝は1時間1,200円■ウェブサイトこちらから■備考入店は小学校5年生から