東京都・ソラマチのマクドナルドに、”ナンバーワン”のプラレールが走る!

写真拡大

マクドナルドは、ハッピーセット「プラレール」の発売を記念して、マクドナルド東京スカイツリータウン・ソラマチ店(ソラマチ4F)を「ハッピー・プラレール店」として期間限定でオープン。

日本で唯一、”プラレールが走るマック”として注目を集めている。

食事をしている目の前をプラレールが走り、その迫力に子どもたちがクギヅケになっているという。

たくさんの子どもたちを引きつけるのだから、ただプラレールを走らせているだけではないはず。

その魅力の秘密を探るために、「ハッピー・プラレール店」へ行ってみることにした。

まず目に入るのは、今にも走りだしそうな「E5系新幹線『はやぶさ』」、「N700系新幹線」などのイラストが張り巡らされた、ガラス張りの壁面。

子どもはもちろん、大人の好奇心をも揺さぶられる。

いざ、入店。

と同時に、巨大なプラレールタワーが目に飛び込んできた。

大人でも見上げるほどの高さで、その迫力に吸い込まれてしまいそう。

プラレールタワーの中央には、東京スカイツリーのフィギュアが鎮座。

それを囲むように新幹線や機関車など、さまざまな車両が走り回る。

この遊び心のあるレイアウトは、プラレールの自由度を表現しているかのようだ。

さらに、駅やトンネルといったパーツが組み立てられたプラレールが、このタワーをぐるっと取り囲む。

ちょうど幼児の目線あたりなので、子どもたちも存分にプラレールの迫力を味わえるだろう。

夢のジオラマワールドは、入り口だけではない。

店内の壁面やテーブルにも、プラレールのイラストがズラリ。

店中がプラレールの魅力に包まれているのだ。

カウンター席の目の前には、8段にも連なるプラレールが出現。

ハンバーガーやマックフライポテトなどを食べながら、元気いっぱいに走るプラレールを楽しむことができる。

プラレールの種類は約20種類。

ハッピーセットのおもちゃ以外にも、いろいろな電車が走っているので、チェックしてみよう。

ちなみに、今回のハッピーセットのテーマは「ナンバーワントレイン」。

東日本最速の「E系新幹線『はやぶさ』」、日本最南端を走る「新800系新幹線」、世界最長トンネルを走り抜ける特急列車「スーパー白鳥」など、「ナンバーワン」に関する特徴を持つ8種類の車両が登場する。

また、走らせると走行音が流れたり、スタンプとして使えるものなど、車両ごとにユニークな仕掛けが楽しめるという。

これはすべて、マクドナルドオリジナルのプラレールだそうだ。

プラレール一色の店内に、心を奪われてしまった私。

「電車好きの子どもにはもっとたまらないのでは?」と思い、カウンター席に座っていた親子に話を聞いてみることにした。

取材に協力してくれたのは、ママといっしょに東京ソラマチへ遊びに来ていた一葉(かずは)ちゃん(3歳)。

目の前を走るプラレールを指さしながら、「ドクターイエローだ!」と声をはずませていた。

家でもプラレールで遊んでおり、ここに来るのを楽しみにしていたという。

一葉ちゃんのセットには、世界一乗降客が多い駅(新宿駅)を通る通勤電車「E233系中央線」がついてきた。

これに目を輝かせる一葉ちゃん。

一番欲しかったおもちゃだという。

その理由を尋ねたところ、「中に人が乗っているから」とのこと。

電車通勤しているパパの姿を重ねているようだ。

早速「E233系中央線」を走らせる一葉ちゃん。

それでも、目の前にプラレールが登場すると、パッと顔をあげて目で追っていた。

大好きなプラレールを自分で動かす楽しみと、プラレールが駆け抜ける迫力の両方をたっぷり満喫しているようだ。

一葉ちゃんは、「実際にプラレールが走るのを見て楽しかった」とご満悦。

家では、自分で走らせて遊んでいるそうで、モーターで走るプラレールに夢中になっていた。

子どもにはおなじみのおもちゃであるプラレールが、家庭とは違った形で楽しめることも、子どもを引きつける秘密といえるだろう。

これほどたくさんのプラレールが走っている姿は、めったに見ることができない。

そんな貴重な体験ができる「ハッピー・プラレール店」は、11月1日23:00までの営業とのこと。

11月1日までの週末は10月27日、28日しかない。

家族でどこに行こうか悩んでいる方は、東京ソラマチへ足を運び、「ハッピー・プラレール店」で食事をしながらプラレールの迫力を楽しんではいかがだろうか。