本当にディスプレーが変化するならすごいが…(画像はWindows 8)

写真拡大

マイクロソフトの最新OS「Windows(ウィンドウズ)8」の日本発売が2012年10月26日0時、始まった。スマートフォン・タブレット時代の到来に対応し、タッチパネルでの操作に最適化されたのが大きな特徴で、公式サイトなどでもこの点を前面に押し出したPRが行われている。

ところがそれが「裏目」に出てか、思わぬ勘違いが広がっているとの指摘がネット上で出ている。いわく、

「パソコンにウィンドウズ8をインストールすれば、普通のモニタもタッチパネルになる」

と思っている人が続出しているというのだ。

PCショップではクレームも!?

もちろん、そんなことは不可能だ。ウィンドウズ8をモニタから操作したければ、タッチパネル対応の機種を購入する必要がある。しかしテレビ番組などでは、

「きょうウィンドウズ8発売 パソコンがタブレットに…」(とくダネ!)

といった調子でこのニュースを伝えるところも少なくなく、Twitter(ツイッター)でも、

「PCショップ行ったら既に店員さんがWindows8いれたのにタッチパネルにならんというクレームに対応している…」

という目撃証言が1000回以上もリツイートされた。

「報道側もわかってないのか…」

この「勘違い」話でネットは持ちきりとなり、

「Windows8のタッチパネル騒動はWindows95発売時の『PC持ってないけど買う』のアレを彷彿とさせる」
「だから一般人のコンピュータリテラシーが尽く低い日本において、『Windows8にすればタッチパネルで扱える!』みたいな報道すんなよ。って思ったけどそもそも報道側もわかってないのか。仕方ないな」

などと嘆息の声が相次いでいる。

「Windows 8 Pro」(アップグレード版)は現在マイクロソフトのオンラインストアで、期間限定価格3300円で販売されている。