やよい軒、11月より鍋シリーズ販売。第1弾はすき焼き・チゲ鍋定食

写真拡大

定食チェーンのごはん処「やよい軒」は、11月から鍋シリーズ「すき焼き定食」「チゲ鍋定食」を順次販売する。

「すき焼き定食」は牛肉をたっぷり使用。

さらに白菜やネギなどの野菜、しらたき、うどんなど豊富な具材が楽しめる。

すき焼きのタレは地域の嗜好(しこう)性にあわせ、東日本はしょうゆのうま味を効かせ甘さを抑えた味、西日本は甘味のあるしょうゆでまろやかな味に仕上げた。

11月1日より価格890円で販売開始する。

「チゲ鍋定食」は唐辛子・コチュジャンの辛味と魚醤を隠し味に入れたスープで、豆腐と野菜を、豚肉、鶏つくねを煮込んだ。

半熟卵を割ってスープと絡めると、一味違った味わいも楽しめる。

付け合わせの小鉢に、野菜のチヂミが添えられている。

11月8日より860円で販売する。

上記メニューに続き、12月には鍋シリーズ第3弾・第4弾も予定している。