●世界ランカー

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
(C)井上淳哉/新潮社・「BTOOOM!」製作委員会

TVアニメ「BTOOOM!」がTOKYOMXテレビ、AT-Xその他から放送されています。

<キャスト>
坂本竜太:本郷奏多
ヒミコ:三森すずこ
平 清:大川透
吉良康介:沢城みゆき
織田信隆:中村悠一
鷹嘴:高橋名人

●ストーリー
22歳、ニートの坂本竜太は、世界的に流行しているネットゲーム[BTOOOM!]に没頭し、世界ランカーとしてゲーム世界を謳歌。

しかしある日目覚めると、そこは絶海の孤島。左手には緑色のチップが埋め込まれ、カバンの中にはBIMと呼ばれる爆弾。直前の記憶を失い戸惑う坂本に襲いかかる、見知らぬ他人。
「この爆弾で殺し合いをしろっていうのか?リアルで[BTOOOM!]をやれってことか!?」
爆殺遊戯の幕が上がる――。
●殺人鬼、吉良康介
吉良康介、かつて彼は父親から児童虐待を受けており、また3人の女性に対する強姦殺人を犯してしまった中学生(14歳)。その異常さから精神鑑定に掛けられ、本来なら極刑でもおかしく無いところを大幅減刑となり裁判継続中。そんな彼も島に流されてしまい…。
●吉良康介の父と弁護士
吉良康介と共に島に流れついたのは彼の父である吉良義久と担当弁護士である夏目総一。吉良康介は父である吉良義久に対しては一切逆らえず、利用されるだけ利用され、しかも投下された救援物資まで奪われてしまいます。

但し、彼を救ってくれた担当弁護士である夏目総一に対しては強い態度に出る。それが彼の歪んだ性格を表しているとも言えます。

そして、かつて彼を虐待した父・吉良義久。吉良康介の所持するBIMによって父である吉良義久は爆死します。

吉良康介「夏目さん、僕、言われた通り自分の意志を示したよ!」

もちろん、彼のしている事は(少なくとも世間一般の基準で見れば)間違いなのですが…。
●吉良康介と坂本竜太の出会い
父を殺害した吉良康介に坂本竜太・平 清は出会います。当初、吉良康介に対する話し合いを試みた坂本竜太ですが彼の異常さに気付いて、その場から逃げ出す事となります。

※彼等に付いているソナーは動いている者にしか反応しない仕様になっているようです。

逃げる途中、平 清は足を挫いて動きが取れなくなります。そこで坂本竜太のとった決断とは…。
●白兵戦!
吉良康介と坂本竜太、2人は共にネットゲーム「BTOOOM!」の上級プレイヤー。そのためそれぞれ「BTOOOM!」に関する戦略も熟知しています。

坂本竜太は吉良康介の所持するBIMを識別し、徐々に彼を追い込みます。また、ソナーで探知する吉良康介に対してソナーを合わせることで相殺するという高等技術により対抗する坂本竜太。ついに吉良康介に止めを刺そうとしますが…。

ゲームと現実の区別が付かなくなる坂本竜太、しかし眼前の光景は明らかに現実。我に返った坂本竜太は吉良康介に止めを刺さず、物資とBIMを奪い取るのみに留めます。

そう言えば今回はヒミコの台詞が無し!「BTOOOM!」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「BTOOOM!」第3話「殺人ゲームと信頼出来る仲間」(ネタばれ注意)
【アニメ】「BTOOOM!」第2話「ヒミコのトラウマ!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「BTOOOM!」第1話「ゲームが現実になった!」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「BTOOOM!」TVアニメ公式Webサイト
「BTOOOM!」AT-X公式Webサイト