新潟県の冬の風物詩、白鳥の飛来スポットを「にいがた観光ナビ」で紹介中!

写真拡大

新潟県公式観光情報サイトの「にいがた観光ナビ」では「冬の使者到来! 純白の雪景色の中を舞う姿は息をのむ美しさ!」と題して白鳥飛来スポットを公開中だ。

サイトでは、白鳥飛来場所の名称、住所、地図、問い合わせ先、電話番号の情報が公開されている。

さらに白鳥の見ごろ情報を「まだ」「飛来始め」「見頃」「帰り始め」「終わり」の5段階で視覚的に理解しやすいように表示されている。

白鳥飛来場所の名称をクリックすると、複数枚の画像を確認できるほか、白鳥の飛来時期や飛来場所の詳細、周辺の観光情報、天然記念物やラムサール条約指定の有無、交通アクセス、駐車場の有無、飛来する白鳥の種類、最大飛来数、エサやりの可否などの情報を確認することができる。

10月25日時点で表示されている白鳥飛来地を紹介すると、村上市のお幕場・大池公園、新発田市の升潟(五十公野公園)、聖籠町の弁天潟風致公園、阿賀野市の瓢湖、新潟市の鳥屋野潟公園鐘木地区、水の公園福島潟、ラムサール条約登録湿地である佐潟、三条市の森町、燕市の大河津分水、柏崎市の五日市の大池、長嶺大池、上越市の朝日池の12カ所。

阿賀野市の瓢湖は日本で初めて野生の白鳥の餌付けに成功した場所で知られており、天然記念物、ラムサール条約にも登録されている。

瓢湖は観察設備も充実しており、3月末まで「瓢湖観察所」が開設されていて、暖かい場所で白鳥を観察することもできる。

ちなみに、ラムサール条約とは、湿地の保存に関する国際条約で特に水鳥を食物連鎖の頂点とする湿地の生態系を守る目的で制定された国際条約のことだ。