野菜VS魚! 高速「SA・PA」で生鮮品を買うならココで決まり! (3) 山口県下松市の「下松SA」、新鮮な海産物をリーズナブルな値段で提供

写真拡大

野菜VS魚の戦いも盛り上がってまいりました! 第1回の鮮魚、第2回の野菜市場と、それぞれ独自のユニークなサービスが魅力的なSA・PAを紹介しましたが、今回はとびきり美味しい海鮮料理がちょっと変わったスタイルで楽しめるSAを紹介しましょう。

今回取り上げるSAは、山口県下松市の山陽自動車道にある「下松(くだまつ)SA(上り線)」です。

山口県といえば、瀬戸内海と日本海に囲まれた土地柄だけに、海の幸への期待も高まろうというものです。

下松市は山口県の南東部に位置しており、徳山下松港を有する、大きな内海を抱えたような地形をしています。

下松SAは徳山東ICと熊毛ICの間で、どちらからも6kmほどの距離に位置します。

港から近いことから市場直送の海鮮品を取り揃えたコーナーが常設されていて、県内の新鮮な海産物をリーズナブルなお値段で味わうことで人気のSAです。

仕入れの状況によって前後しますが、通常10種類程度を取り扱っています。

一番人気はアジの開き。

味、食感、どれをとっても最高の逸品です。

値段も380円とお手頃で、下松SAを訪れた際にはゲットすべき一品です。

その他にもさまざまな自家製の干物が充実しています。

特大のアジの干物やほっけにクジラなどに加え、下関ならではの、ふぐの一夜干しも置いていますよ。

海鮮レストラン『旬鮮美味』では、唐戸市場で仕入れた新鮮な魚をお刺身にして提供するのはもちろんのこと、併設されている海鮮市場で好きな魚を選んで、焼く・煮る・揚げるなど好みに合わせて調理してくれます。

ここでの人気はやはり干物定食(1,050円)と唐戸海鮮丼(1,150円)です。

干物定食は、自慢の自家製干物を提供しています。

自家製ゆえに、入荷状況により干物は変更されることがあります。

つまり一番おいしくできあがった自慢の干物を味わえるわけです。

訪れる際には「何が出るかな?」というワクワク気分も含めてお楽しみください。

一方の唐戸海鮮丼は下関唐戸市場から仕入れた新鮮な魚介類を10種乗せた自慢のメニューです。

海に囲まれた山口の味を堪能できます。

平日限定の日替わり御膳は、おすすめ食材を使用した盛りだくさんのお得メニューです。

海鮮、旬野菜の天ぷらと唐戸市場から届いた新鮮な魚のお刺身をご賞味ください。

そしてオススメなのが、海鮮市場コーナーで選んだ自家製干物で、こだわりのオリジナル定食を作れるスタイルです。

コーナーには定食にした場合の値段も書いてありますので、お財布と相談しながら、いろいろ組み合わせてみるのも面白そうですね。

もちろん、干物以外の海産物もOKなので、「豪華海鮮盛り合わせ定食」といった夢のような贅沢な組み合わせも叶います。

その土地で取れたものを、その土地で食べる。

これが一番おいしい食べ方といっても過言ではないはず!お土産に持ち帰って、旅の思い出とともに味わうのもオツなものですが、ぜひ一度ダイレクトな地元の味を堪能してみてください。

家族連れの方には、月に一度の海鮮バイキングがオススメです。

不定期ですが毎月1回土曜日に実施しています。

約20種類の季節を感じさせるメニューが盛りだくさんです。

海の幸をお腹がはち切れるほど存分に召し上がってください。

残念ながら繁忙月は実施しておりませんので、詳しい実施日については電話での問い合わせが必要です。

団体予約や内容と予算に応じた料理について相談することもできます。

少人数での予約も受け付けているとのこと。

下松SAにはウェルカムゲートが設けられており、一般道からも施設を利用することができます。

ウェルカムゲートは24時間通行可能ですので、高速道路を利用する方だけでなく、近隣にお住まいの方もドライブついでに行かれてみると新たな地元の魅力を発見できるかもしれません。