先行開業「阪急うめだ本店」2期棟に約20万人来館 増床改装で客層広がる

写真拡大

 阪急うめだ本店の全面開業を前に10月25日に先行オープンした2期棟の滑り出しが好調だ。運営するエイチ・ツー・オー リテイリングの発表によると、初日売上高は約18億円。9時45分の開店時には約2,000名が並び、1日で約20万人が来館した。

先行開業の阪急うめだ本店好調の画像を拡大

 11月21日の全面開業に先駆けてオープンした阪急うめだ本店2期棟の初日は閉館時間まで多くの人で賑わい、「初日の売上は予想を上回った」(広報担当者)と好調。早朝から若い女性の列ができ、午前中は地下の食品売場を中心に混雑。会社帰りの男性客も訪れ、広報担当者は「夕方以降の来館は男性客が多い印象だった」とコメントしている。また、制服を着た学校帰りの学生の姿もあり、改装によって客層が広がっているようだ。

 阪急うめだ本店2期棟には話題の店舗が複数出店。"若い世代をターゲットにしたトータルファッションワールド"の3階「うめはんシスターズ」と4階「うめはんジェンヌ」には、「gelato pique(ジェラートピケ)」のポップアップカフェや「UNITED NUDE(ユナイテッド・ヌード)」の大阪初直営店が登場。ラグジュアリーフロア5階にリニューアルオープンした「BVLGARI(ブルガリ)」の店舗では、世界で初めてインストアカフェを併設している。

 地下2階から地上13階までで構成された「阪急うめだ本店」は11月21日のグランドオープンを予定し、売場面積は約8万平方メートルと西日本最大規模。全面開業に合わせて「阪急百貨店メンズ館」から名称を変更する「阪急メンズ大阪」ととともに初年度売上げ2,130億円を目指す。

■阪急うめだ本店
 所在地:大阪市北区角田町8-7
 http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/