テイラー・スウィフト(22)の新アルバム「Red」はチャートを急上昇中かもしれないが、私生活の恋愛運は逆に急下降しているようだ。



<US Weely>が独占取材したテイラーの友人によれば、テイラーとロバート・ケネディの孫であるコナー・ケネディ君(18 )は少し前に破局したという。

「しばらく前に、ひっそり別れました」と語った情報筋は、こうも加えた。「長距離でしたし。どちらも恨みっこなしで。2人とも大丈夫ですよ」

テイラーが高校生のコナー君と一緒にいるところを最初に報じられたのは今年7月、ハイアニスポートにあるケネディ家の別荘地でのことだった。それから夏には一緒にナッシュビルに旅行したり、テイラーはコナー君の祖母エセルさんの家の向かいに3.8億円の別荘まで購入して、ケネディ家とここ数ヶ月、急速に親交を深めていた。

しかしそれでも、新しいアルバム「Red」をリリースして、そのPRとさらにこれから始まるワールド・ツアーを控え、恋愛にさく時間はなかったということらしい。(「Red」は23日に発売されたばかりだが、記録破りの初週100万枚の売り上げが見込まれており、批評家からも高く評価されている。)

同情報筋は「2人が最後に会ってから、もう1か月は過ぎてますよ」と説明し、「『Red』のプロモーションで、彼女はもう年末まで休みがないんです」と明かした。テイラーの元カレ歴はそうそうたる顔ぶれで、ジェイク・ギレンホール(31)、ジョー・ジョナス(23)、ジョン・メイヤー(34)、テイラー・ロートナー(20)、そして『glee』のコリー・モンテース(30)を含む。このリストに今度はコナー君が加わってしまったようだが、失恋するたびにその体験をヒット曲に変えるテイラーのことだから、今また新曲を書いているかもしれない。