緑茶に関する調査 -毎日飲む人は47.8%。男性はペットボトル、女性は茶葉

写真拡大

マーケティングリサーチ等を手掛けるライフメディアは24日、「緑茶に関する調査」の調査結果を発表した。

同調査は、ライフメディアが運営するアンケートサイト「ライフメディア」にて10日〜17日の期間に実施されたインターネットアンケート。

20歳以上全国男女から1,717件の回答を得た。

「緑茶をどの程度の頻度で飲むか」と聞いたところ、「1日3回以上」が19.3%、「1日1回」が17.2%だった。

3位には「1日2回」「週2〜3回」が11.1%で並んだ。

緑茶を1日1回以上飲む人を合計すると47.6%となった。

次に「どのタイプのお茶を飲んでいるか」を聞いたところ、「ペットボトル」が63.2%、「茶葉」が58.9%だった。

男女別に見ると、男性は「ペットボトル」が63.8%でもっとも多かった。

対して女性は「茶葉」が65.5%と、ペットボトルの62.5%より多かった。

「どこで緑茶を飲むことが多いか」との問いには「自宅」がもっとも多く81.4%。

2位は「職場・学校」の45.1%だった。

男性は女性に比べ、職場や学校でお茶を飲む人の割合が高かった。

「緑茶を飲みたいと思うのはどんなときか」と聞いたところ、1位は「食事中」で55.3%。

2位は「食後」で44.2%だった。

3位は「休憩時間」の39.4%だが、女性に限ると「おやつを食べるとき」が40.1%で3位に着けた。

1カ月に1回以上緑茶を飲む人に「緑茶の魅力」を聞いたところ、「味がよい・おいしい」が68.1%、「香りがよい」が52.2%、「苦味や渋みがよい」が41.2%だった。

自由回答など調査の詳細は「リサーチバンク 調査報告ページ」へ。