緊急の用件以外は管轄署から折り返し電話をかけることもあるという(『ふしぎな110番』より)

写真拡大


ウソの110番を繰り返したとして、大阪の38歳男性が逮捕された。その数、1か月で約3000回。携帯電話3台を使い、多いときには2日で1500回以上もかけていた。

男性は「緊急です、緊急です」と言って電話を切ったり、電話口で歌を口ずさんだりした。調べに対し「全て正答な理由だった」と容疑を否認しているという。


容疑は業務妨害、要するに「仕事のジャマ」である。このニュースには、ネット上に「大阪府警は辛抱強いね」「数十回で逮捕していいじゃん」という声があがっている。いたずら電話で本当の緊急事態への対応が遅れれば、人命にかかわる影響もありうる。


応答がなくても位置確認をして現場に急行


男性は無職と報じられたが、それだけ電話をかける粘り強さがあれば「コールセンターで働かせればいいのに」と突っ込む人もいた。


うその通報の被害は、これまでにも数多く報じられている。2010年には、うその110番や119番をかけた容疑で男子高校生8人が書類送検された。彼らはこのいたずらを「ハイパーゲーム」と呼び、


「パトカーから逃げてスリルを味わうのを楽しんでいた」

という。2011年にも「駐車場で自慰をしている男性がいる」とウソをついた女子高生ら3人が検挙され、今年1月には警察に対する腹いせから「刃物を持った男に追われている」とウソの110番をかけた男性が、防犯ビデオから割り出されて逮捕されている。


報道されたもの以外にも、110番にはさまざまな電話がかかってくる。元・警察署副署長の橘哲雄氏による『ふしぎな110番』(彩図社)によると、警察本部の通信指令課には奇妙な通報電話が絶えないという。


「ずっと待っていても信号機が青になりません」(真夜中の男性ドライバー)

「主人が書類を家に忘れました。緊急で会社に届けてください」(慌てた主婦)

「お母さんに騙されてお金を取られた…」(お年玉を返してもらえない少女)

「彼氏が悪いのに謝らないので叱ってください」(若い女性)

「俺だって話し相手がいなくて寂しいんだ」(酔った男性)

なお、一般家庭の無言電話なら「いたずらだろう」と放置することもできるが、110番だとそうはいかない。相手が意識を失っているかもしれないので、通報者の位置確認をして警察官が必ず現場に行くそうだ。――日々の公務、お疲れさまです!