「寝る前に彼(夫)と対面で会話」は快眠を妨げる? 女性の快眠のカギとは?

写真拡大

BIGLOBEは2012年9月、全国の女性364人を対象に「睡眠」に関する調査を実施した。

その調査結果を、美容・ライフスタイル情報を提供するアラフォー女性向けサイト「Kirei Style(キレイスタイル)」で公開している。

最初に睡眠時間について調査。

地域別に見ると、最も睡眠時間を確保できていない地域が「関東」で平日の睡眠時間は「6時間未満」が33.3%だった。

逆に睡眠時間が多い地域は「中国・四国」で、42.9%が「7〜8時間」の睡眠時間を確保していることが分かった。

普段の睡眠に満足しているか尋ねたところ、「かなり満足している」女性はわずか9.6%。

「やや満足(29.9%)」と合わせても約4割で、約6割の女性が睡眠に不満を持っていることが分かった。

不満の理由については、「睡眠時間が短い」「朝すっきりしない」が多く挙げられた。

次に「ぐっすり眠るための行動=眠活をしていますか?」と尋ねたところ、75%がしていると回答。

その内容について聞くと、「照明を落とす」が最も多く39.6%が実践。

以下、「ゆっくり浴槽につかる」「ストレッチやヨガをする」などが続き、「温活」や「血めぐり」を意識した行動がしている人が多いようだ。

「寝る前の30分」の行動と、睡眠への満足度の関係を見てみると、「子どもやペットの世話」をしている人や、「本を読む」人の満足度は高い傾向にある。

一方で、「ゲーム」をする人は満足度が低いという結果が出た。

意外なことに、「夫(彼)と対面で会話する」ことも睡眠の満足度を低くする原因となることが分かった。

同サイトでは、やさしく眠りに誘ってくれるような男性を“グッドナイト(王子)”と定義。

女性が思う“グッドナイト”の条件を聞いたところ、1位は「寝る前に『愛してるよ』と言ってくれる(86.5%)」だった。

続いて「寝る前にハグしてくれる」が(37.9%)、「別々に寝てくれる」(27.7%)だった。