東京都丸の内のJPタワーに、34もの全国ご当地グルメショップがオープン

写真拡大

鉄道会館は2013年3月21日にグランドオープンするJPタワー内で、全国ご当地銘品フロアをテーマにした商業施設の開発、運営を行うことを発表した。

同フロアはJPタワーの商業施設「KITTE(キッテ)」の地下1階に設置。

全国各地のご当地銘品をそろえた食のマーケットをイメージしている。

全国を8地方(北海道・東北・関東・中部・近畿・中国・四国・九州/沖縄)に分割し、その各エリアを代表するスウィーツ、総菜、グロサリーなどの34ショップが出店する。

特長的なのは、幅広いカテゴリーの食を用意していること。

地域色を打ち出した「弁当・総菜」や、地方でしか購入できない「ベーカリー」コーナーを展開。

また、地元で愛されている人気の「スウィーツ」や全国のご当地「グロサリー」などもあり、地方の銘品・ご当地食をバラエティー豊かに販売する。

フロアは「ご当地お菓子」「ご当地食(弁当・総菜)」「ご当地食(ワンハンドフード)」「ご当地食(弁当・総菜のイートイン付き)」「ご当地食品」の5つのゾーンに分かれる。

ご当地料理はイートインでも楽しめ、スウィーツカフェもされる予定。

フリースペースでは休憩することはもちろん、持ち帰り用の商品をすぐに飲食することもできる。