既婚なのに結婚指輪をしていない男性、その理由は?

写真拡大

合コンの時だけそっと結婚指輪を外して独身のフリ、なんてわりとよく聞く話だが、既婚男性に結婚指輪はどのように扱われているものなのだろうか。

煩わしい足かせ? 妻への愛情の証?? マイナビニュース既婚男性会員233名に、普段から結婚指輪をつけているのか、聞いてみた。

>>女性編も見るQ.結婚指輪をはめていますか?1位 はい 53.7%2位 いいえ 46.3%■はい・「既婚者だとわかってもらえるように、当然するものだと思っているので」(27歳男性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)・「愛情表現の一環」(40歳男性/情報・IT/技術職)・「はずす理由が無いから」(28歳男性/情報・IT/技術職)■いいえ・「指輪をしていると何かと作業しづらいし、傷がついてしまうので」(40歳男性/マスコミ・広告/クリエイティブ職)・「特に理由はないが、何にも縛られたくないという気持ちかな」(66歳男性/商社・卸/事務系専門職)・「浮気できないから(笑)」(34歳男性/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)■番外編: そりゃ仕方ないですね……・「いいえ: 土木営業をしていたとき、モルタルを練って、指と指輪の間のモルタルでアルカリやけどをしたから」(45歳男性/その他/事務系専門職)・「はい: 関節が太くなって抜けないから」(47歳男性/金属・鉄鋼・化学/技術職)■総評「はい」が53%で、「いいえ」が46%と、ほぼ半数で意見が分かれた。

既婚女性は62%が「はい」だったことと比べると、男性は女性よりも結婚指輪をつけていない割合が多いことが分かった。

「はい」の理由としては、「結婚しているのだから当たり前」という意見が大半を占めた。

積極的に”既婚”をアピールするためのツールとして、指輪を身につけているという人も多かった。

仕事上でも交際上でも、既婚者という信頼感には大きなメリットがあるようだ。

「いいえ」では、「仕事に支障が生じる」「邪魔」という理由が多かった。

決して否定的な意見ばかりではなく、「傷つけたくない」「汚したくない」「なくしたくない」と、むしろ指輪を大切に思っているからこそ身につけない、という意見もかなりあった。

結婚指輪を外していた方が女性関係で有利だから、という意見は、意外にもほぼ皆無だった。

もしかして、既婚者とアピールしていたほうがモテるということ……!? なんて勘ぐってしまう。

(文・アリウープ 中嶋絵里) 調査時期: 2012年10月3日〜2012年10月9日調査対象: マイナビニュース会員調査数: 男性233名調査方法: インターネットログイン式アンケート

続きを読む