静岡県浜松市で、第26回「峠の国盗り綱引き合戦」開催

写真拡大

浜松市は、天竜茶の産地として有名な静岡県浜松市北部、天竜区の水窪町で、浜松市の秋の風物詩である「峠の国盗り綱引き合戦」を10月28日に開催する。

同イベントは、旧静岡県水窪町(現浜松市天竜区水窪町)と、旧長野県南信濃村(現飯田市南信濃)の親睦を深める目的で1987年に開始。

毎年10月の第4日曜日に行われ、今年で26回目を迎える。

現在では、豊橋市を巻き込み、「三遠南信地域」(豊橋市を中心とする愛知県東三河地方、浜松市を中心とする静岡県遠州地方、飯田市を中心とする長野県南信州地方の地域の名称)の親睦に発展しているという。

今回は、行司役を「三河」の豊橋市長、「遠州軍」の総大将を浜松市長、「信州軍」の総大将を飯田市長が務め、双方の総大将が率いる家臣10名による3本勝負で行われる。

この合戦で2本先取した軍は、「県境」を相手側へ1m動かすことが可能。

去年は「信州軍」が勝利し、現在「県境」は「遠州側」に1m進出しているという。

なお、行政上の県境が移動するわけではなく、実際には「告 この標識 国盗り綱引き合戦に於て定めた国境である 行政の境に非ず」と書かれた立て札が移動するとのこと。

会場は、浜松市天竜区水窪町 兵越峠。

開催時間は10時30分からで、本戦は12時開始となっている。