ついに登場したアマゾン「Kindle Fire HD」

写真拡大

iPad mini(アイパッド・ミニ)発表からわずか1日足らず――アマゾンによる小型タブレット「Kindle(キンドル)」日本発売の発表は、まさにアップルの顔面にカウンターを叩き込むようなタイミングだった。

iPad miniの約半額、廉価機は8800円

アイパッド・ミニ発売が2012年10月24日未明(日本時間)に発表されたかと思ったら、その日のうちにキンドル日本発売が公表された。

なんといっても価格のインパクトが大きい。旗艦機種「Kindle Fire(キンドル・ファイア)HD」は1万5800円、1世代前の「Kindle Fire」は1万2800円、廉価機の「Kindle Paperwhite(キンドル・ペーパーホワイト)」に至っては8480円だ。

米国での価格から十分予想されていたこととはいえ、最安2万8800円のアイパッド・ミニに「他社ものより高い」との声が上がっている最中とあって、その「安さ」は大きな話題となっている。ツイッターでも、

「TL(編集部注:タイムライン)がiPad miniから一気にKindleに」
「開戦初日に呉軍港と東京湾を占領されるぐらいの衝撃」

と驚きの声が広がった。

日本市場に「黒船」

キンドル上陸は、同じ「電子書籍リーダー」「低価格」路線の楽天「kobo(コボ)」にも重いニュースだ。直接競合する「ペーパーホワイト」に対し、コボは7980円とわずかながら価格面では優位に立ち、電子書籍の冊数でも、キンドルストア「5万冊以上」に対し、コボ側は6万5137冊(10月24日時点)で、数字の上ではひとまず勝っている。とはいえ、今後アマゾンがさらなる攻勢をかけることは必至で、楽観できる情勢とは言いがたい。もちろん、他の電子書籍リーダーメーカーにとっては文字通りの「黒船」だ。

小型タブレット「Nexus(ネクサス)7」を1万9800円で販売中のグーグルにも、「キンドル・ファイアHD」は強力なライバルとなる。ネクサス7には近いうちの「値下げ」説も海外メディアでささやかれており、さらなる競争激化も予想される。

一方、アップル側はこの日の発表会見で、「質」の高さが価格差問題を跳ね返すと自信を見せた。

日本での発売は、キンドルのペーパーホワイトが11月19日から、アイパッド・ミニは11月2日から、などとなっている。