布作りの原点探る テキスタイル・プランナー新井淳一の大規模個展

写真拡大

 テキスタイル・プランナー新井淳一の60年に及ぶ仕事の全貌を紹介する大規模個展「新井淳一の布 伝統と創生」が、東京オペラシティ アートギャラリーで2013年1月12日から開催される。1970〜80年代、素材の探求を進めるデザイナー三宅一生や川久保玲ら気鋭の日本人デザイナーを魅了し、彼らを世界へ送り出す原動力にもなったという同氏の活躍の軌跡を辿る展覧会。ごぼう状のフリンジが織り込まれた量感あるフェルトや伸縮性のある複雑なジャカード織物、裏表でパターンが異なる四重組織の織物といった既成の枠に囚われない布作りを行ってきた新井淳一の原点を探る。期間は2013年3月24日まで。

テキスタイルプランナー新井淳一の大規模個展の画像を拡大

 1932年、織物の町・群馬県桐生市に生まれた新井淳一は、国内の素材メーカーや織物業者、染色加工業者との連携のもと糸の開発から染色、織、加工まで布の多彩なテクスチャーを生み出しているテキスタイル・プランナー。代表作の一つはプラスチックフィルムをベースに様々な加工を施し、細く切断して作る糸「スリットヤーン」で、なかでもフィルムの段階で金属を蒸着させた「メタリックヤーン」の織物は薄く軽く、光が反射し燃えにくいという機能を持つ。また、伝統的な絞り染めの技法で布を化学薬品で部分的に溶かし、蜻蛉の羽のように透明で繊細な美しさを持つテキスタイルなども数多く制作している。

 「新井淳一の布 伝統と創生」は、新井淳一の最新作約80点や、同氏の先鋭的な発想について解き明かしつつ、布とは何かについて考える空間を来場者に提供。「ISSEY MIYAKE」とのコラボレーションについても紹介する他、創造にインスピレーションを与えてきた民族に関する資料や、新井自身が世界各地で撮影した写真、メッセージなどを映像と音で紹介。過去と未来、産業とアート、手わざとテクノロジーなど、異なる要素を融合させた布作りを展開する新井淳一の世界観が一堂に披露される。

■新井淳一の布 伝統と創生
 会期:2013年1月12日(土)〜3月24日(日)
 会場:東京オペラシティ アートギャラリー
 開館時間:11:00−19:00(金・土は20:00まで/最終入場は閉館の30分前まで)
 休館日: 月曜日(祝日の場合は翌火曜日)、2月10日(日・全館休館日)
 入場料: 一般 1,000(800) 円/大・高生 800(600) 円/中・小生 600(400) 円
 *同時開催「収蔵品展 043 自然の表現」(仮称)、「project N 51 阿部未奈子」の入場料を含む。
 *収蔵品展入場券 200 円(各種割引無し)もあり。
 *( )内は 15名以上の団体料金。その他、閉館の 1 時間前より半額、65 歳以上半額。土・日・祝日の中・小生無料。
 *障害者手帳をお持ちの方および付添1名は無料。割引の併用および入場料の払い戻しはできません。
 問い合わせ:03-5353-0756
 URL:http://www.operacity.jp/ag/