写真は「パート・ド・フリュイグミ ベルガモットオランジュ」

写真拡大

カンロは、「メゾン・ド・コンフィズリー」シリーズから、初の小袋タイプ「パート・ド・フリュイグミ」を2012年10月22日から販売している。

濃厚な果実の香りと味わい

「メゾン・ド・コンフィズリー」はフランスの砂糖菓子「コンフィズリー屋さん」をイメージしたブランド。砂糖菓子の文化を身近に感じてもらおうと、フランスの伝統菓子を受け継いだ新しい砂糖菓子の世界をキャンディで表現している。今回発売する「パート・ド・フリュイグミ」は、フランスの砂糖菓子「パート・ド・フリュイ」をイメージした濃厚な果実の香りと味わいがひろがるグミ。大人っぽい香りが特徴のベルガモットオランジュ味と、フランス菓子で定番のフルーツであるフランボワーズ味の2種がある。歯切れの良いサックリとした食感で、見た目も宝石箱をひっくり返したように美しい。

価格は、オープン。