兵庫県姫路市で手軽に世界旅行ができる? 「太陽公園」の魅力

写真拡大

日本各地にいろいろなテーマパークがあるが、姫路には“知る人ぞ知る”というにふさわしい、ミニチュア世界遺産がズラリとそろったテーマパーク「太陽公園」がある。

この公園は、姫路市北西部に位置する峰相(みねあい)山の麓にある。

公園の隣は、甲子園の常連校でもある東洋大姫路高校野球部の練習グラウンドという立地。

広大な敷地は、石を使って作られた世界の遺跡や石像などが多数設置された「石のエリア」と、山上に建設された山城「白鳥城」がある「城のエリア」の2つで構成されている。

園内には世界遺産を中心に、約70にも及ぶ世界の有名建築物のミニチュア版レプリカが点在している。

元の建築物の大きさはもちろん違うが、縮尺度合いもそれぞれによって異なるのが面白いところ。

“ワンダーランド”とでもいいたくなるような雰囲気が漂っている。

太陽公園管理事務所の森下真樹子さんは、「2009年4月に『城のエリア』がオープンしたのをきっかけに、それまでのエリアを『石のエリア』としました」と説明。

2つのエリアの入り口は分かれていて、それぞれ別の場所から入場するようになっている。

共通入場券で両エリアを全て見て回るとしたら、約半日はかかるのだとか。

「石のエリア」では入り口のゲートをくぐるとすぐに凱旋(がいせん)門があり、その奥に通じる道には中南米の石像が立っている。

また、石のコインが無造作に置かれているなど、整然としたテーマパークとは一線を画す “カオス的”な展示が楽しめる。

そうした「石のエリア」の中でも特に目を引くのは、全長2キロもある万里の長城と、1,000体の兵馬俑(へいばよう)がズラリと並んでいる兵馬俑博物館。

実際に目の前に立つと、そのサイズ感に圧倒されること間違いなし!他にも、天安門広場やモアイ像、ピラミッドなどといった誰もが知る有名建築物のレプリカもある。

さすがにそれらは実物よりもかなり小さく作られているが、中には実物大で作られているものもある。

縮尺度合いを想像しながら見るのも楽しいかもしれない。

園内の一番奥まった場所にある山の肌には、磨崖仏が掘られている。

かと思いきや、そこに向かう道中には自由の女神がポツンと立っているなど、どういった意図でどういう並びになっているのか(少なくとも私には)まったく分からない。

来園の際は、敷地の隅々まで見落とさないようにしていただきたい。

一方、「城のエリア」の中心には、小高い丘の上に立てられている「白鳥城」がある。

城までは歩いて登ることもできるが、専用にモノレールに乗れば5分で到着できる。

「白鳥城はドイツにあるノイシュヴァンシュタイン城を再現したものです。

このお城は世界でも最も美しいと言われているお城です」(森下さん)。

城内では西日本最大級のトリックアート展である、「服部正志トリックアート展in白鳥城」を見ることができる。

どことなく太陽公園そのものもトリックアートのような雰囲気なので、まさにピッタリの展示ではないだろうか。