表を拡大

写真拡大

■TOPIC-4 「ラストチャンス」としての30代

今回は30代論について見ていくことにします。まず考えたいのは、30代がどのような時期とみなされているのかについてです。TOPIC-2において、20代とは無限の可能性を有するとされる一方で、将来の分かれ目となる「分岐点」ともされていることを紹介しましたが、30代も同様に分かれ目だと論じられています。ただ、その意味合いは20代と大きく異なっています。30代論で多く見られるのは次のような言及です。

「30代は、自分の才能を発見する最後のチャンス」(本田30、168p)
「あなたが理想とする人生を手にするためには、30代が最後のチャンスなのです」(井上30、4p)

そう、「最後のチャンス」という物言いがしばしば見られるのです。20代はいきなり分岐点で、30代は早くもラストチャンスであるわけです。では、何においてラストチャンスなのでしょうか。本田健さんや井上裕之さんがとる立場については、本田さんの次のような言及が象徴しているように思われます。

「自分はいったい、何をやりたいのか? そのことを見極めることです。(中略)20代のダイナミックな自分探しではなくて、30代は、ある意味メンタルな、自分の内面と向き合いながらの自分探しになります」(本田30、82p)

どのように生きたいのか、どのような自分になりたいのか、等々。30代は、こうした「自分探し」を行う最後の時期だというのが本田さんや井上さんの主張だといえます。しかし、千田琢哉さんや大塚寿さん、川北義則さんのような、仕事に軸足を置くタイプの30代論では、同様に30代が「ラストチャンス」だと言われるものの、その意味合いは大きく異なっています。たとえば大塚さんは、本田さんが述べるような内面的な「自分探し」をはっきりと否定します。

「自分のテーマは、『自分の外』にあるといえます。考えているより、まずは行動する。行動してはじめて『正しく』考えることができるのです。他者と深く触れ合ったり、社会や組織と関わることで逆に自分が見えてくる。そうした『自分』こそが、世の中で生きていくテーマにつながるのです」(大塚30、44p)

大塚さんや千田さんにとっては、30代において「自分探し」はもう済んだ問題となっています。20代でさまざまな可能性を試した後、30代では成果を上げることに軸足を移し始め、ビジネスマンとしてのステップを上っていくこと。その中で自ずと「自分」は見つかるだろう、というのです。自分にどのような適性があるのか、どのような能力を高めればよいのか、どのように行動すればよいのかという、ビジネスマンとしての「自分探し」は20代で済ませておくべきことであり、30代は勝負を始めるときだというわけです。そのため、大塚さんや千田さんにとっての「ラストチャンス」とは、次のような意味で考えられることになります。

「30代で後天的な能力を磨きあげなかった人は、もうこれからの人生において永遠に輝くことはない」(千田30、181p)
「下積みの20代を終え表舞台に立った30代は、横一線に並んで駆け出すレースが始まります。自分の実力で成果を出していくので、本当の実力を身につけていないと、すぐに差が生まれます」(大塚30、21p)

仕事上の能力開発のラストチャンス、それが30代だというわけです。20代論では、無限の可能性がある、色々なことをやってみよう、色々と種をまいてみようといった「自分探し」が各著作で奨励されていました。しかし30代論になると、「自分探し」はある著作では既に終焉したものとされ、他の著作では今が「自分探し」のラストチャンスだと励まされています。いずれにせよ30代で「自分探し」の時期は終わりということなのかもしれませんが、20代論には見られなかった大きなライフコース展望の裂け目のようなものが各著作の間で生まれ始めているのです。

■成功者の家庭生活論

30代論ではもう1つ、新しいトピックが登場します。結婚や子育て、家庭生活に関するトピックです。20代論ではせいぜい川北さんが「結婚観の確立」を説くに留まっていたこのトピックが、紙幅の一角を占めるようになるのが30代論なのです。ここでは前回と同じ視点、つまり「年代本」は現代におけるアッパーミドル、もしくはアッパー層のライフスタイルの理想的イメージなのではないかという視点から家庭生活論を眺めてみようと思います。

まず共通しているのは、結婚や子どもの誕生を経ても、自分自身の能力開発にお金を使う、つまり自己投資を忘れてはならないとする考えが根本にあることです。これは40代論においても共通しており、時として家族に多少の我慢を強いてでも自らを高める必要があると述べられています。一流に触れることの重要性もこのような観点から、30代論および40代論においても語られ続けています。

「沈む30代はこれからいよいよ回収の時期だと、一気に守りの姿勢に入ってしまう。結婚もしたことだし、子どもの教育費もかかるし、なけなしのお小遣いだし、自己投資をしている場合ではないと考えて、すべて貯蓄に回してしまう」(千田30、169p)
「家族に少し我慢させても、一家の稼ぎ手たる自分の可処分所得の増額に振り向けるべきだ。それくらいはしたっていいだろう。(中略)女房からもらう小遣いだけでは、昼食、お茶、たまの一杯ぐらいで、ほかに何もできないだろう。男はそんなことではダメなのだ」(川北40、79p)

また、住居についての言及も30代論では登場しますが、その言及のあり方はほぼ次のように統一されています。

「住み家はライフスタイルに合わせて変え続けることを前提にするべきだということです」(大塚30、145p)
「伸びる30代は、賃貸か現金一括で職住接近。沈む30代は、35年ローンの郊外一戸建てが人生の終着駅」(千田30、174p)
「将来どんどん出世して、住む場所を次々に変えていきたいというのであれば、絶対に賃貸にすべきだし、『よし、ここでやっていこう!』と、決められるほど惚れ込んだ土地なら、即金で買えばいいだけの話だ。私にはそのどちらの経験もあるが、人生のステージが確実に変わる」(同上)

後の回でも論じることになるのですが、かつての30代論では、マイホームを建てることが1つのゴールとされていました。しかし近年の30代論では、転勤ではなく、同じ職場にいたとしても、「ライフスタイルに合わせて」住居を変え続けることが推奨されています。「即金で買えばいいだけ」と事も無げに言えることも含めて、社会経済的条件に縛られることなく、自らのライフスタイルをつねに優先することが理想的だとする考えを見てとることができます。

■子育てとマネジメントは共通する?

もう少し事例を積み重ねてみましょう。30代論および40代論では、結婚や子どもの誕生以後も、仕事とプライベートを分けないことが推奨されています。大塚さんが端的ですが、次のような言及がなされています。

「30代で年収が800万を超えているビジネスパーソンというのは、そもそも仕事とプライベートの線引きが曖昧、もしくはほとんど気にしていないはずです。(中略)30代で成果を出した人は、仕事だけしていた人では決してありません。プライベートでも全力で楽しんだ人たちです。彼らに共通するのは、両方に全力をかけたからこそ、プライベートでの経験が仕事に活きたり、仕事の経験がプライベートに活きるということを体験していることです」(大塚30、114p)
「親としての役割を果たすことを『親業』といいますが、その『親業』と会社の部下やメンバーを育てることは、かなり共通点があります」(大塚40、211p)
「子育てにはたくさんのマネジメントのヒントが隠されています。(中略)子育てとマネジメントは共通する部分が多いのです」(大塚40、214p)

仕事とプライベートを分けない、というよりもむしろ、子育てを部下の教育と並列にみなし、子育てにマネジメントの発想を積極的に取り入れていくこと。具体的には、子どもと過ごす時間が少ないので「密度優先型」の演出をしよう(大塚40、135p)、子どもに「サプライズ」を用意しよう(137p)、「お前のことは、きちんと考えている」というメッセージをしっかり伝えよう(213p)、といったようなハウツーが示されています。

このような考え方はまさに、「PRESIDENT Family」のようなアッパーミドルもしくはアッパー(を目指す)層向けの育児雑誌上で繰り返し示される家庭観・育児観の典型だといえます。そうであれば当然、次のような言及――子どもを私立に入れることは当然であり、それが出来ないことはプレッシャーにさえなる――が出てきても驚かないわけです。

「せっせと貯金すれば、その分、生活は貧しくなるでしょう。昼食をワンコイン定食にして、靴や洋服をワンランク落とすという程度ならまだしも、子どもの進学を私立から公立に変更しなくてはいけないとか、仕事に必要な書物を十分に買えないというような心理的プレッシャーが生まれると、これは見過ごせない問題です」(井上30、112p)

さて、ここまで挙げてきた、「年代本」が推奨するライフスタイルについて整理しておきましょう。どんなときでも自己投資を惜しまない。一流の仕事術を体得しようとするのみならず、一流品に触れることで自らを高めようとする。自らの仕事の状況やライフスタイルに合わせて住居を転々とすることを厭わない。仕事とプライベートを分けず、プライベートの中に仕事のヒントを見出し、子育てにマネジメントの考えを導入する。子どもの私立校受験を当然と考える――。

このようなライフスタイルについて私は、現代におけるアッパー(ミドル)層男性のライフスタイル観が「結晶化」されたものだと主張してきたわけですが、皆さんはどう思われるでしょうか。実に勇ましく、優雅で、このようにありたいと思うでしょうか。それとも、実に自己中心的だとか、いかにも男性的だとか、ついていけないと思うでしょうか。

ここで私が評価することは差し控えたいと思いますが、1つ気になるのは、ではこのときパートナーはどう思っているのかということです。しかし「年代本」からこのことはよく分かりません。「年代本」では男性の家事・育児への参加は奨励されるものの、パートナーはあくまでも自分の貫こうとするライフスタイルのパートナー、相談相手であって、その考え自体に焦点があてられることはないためです。つまり今回私がとった基準から抽出される「年代本」は、基本的に男性目線のライフスタイル論なのだということです。

では、「年代本」からはほとんど見えてこない、女性のあるべき生き方とはどのようなものなのでしょうか。この点については、まずは視点だけを提示しておき、今後の連載における宿題にしておきたいと思います。

(牧野 智和=文)