透明感のあるブルーをデザイン

写真拡大

カシオ計算機は2012年10月27日、ソーラー電波ウオッチ「OCEANUS(オシアナス)」のプレミアムライン「OCEANUS MANTA(オシアナスマンタ)」から、ワールドタイムの使い勝手を向上させた「OCW-S2400」を発売する。メーカー希望小売価格は、15万7500円。

ホーム・ローカルタイムの都市設定可

見やすさを追求した新レイアウトのフェイスと、「高い機能性と優れた操作性を両立する」スマートアクセスの採用により、ワールドタイムの使い勝手を大幅に向上させたモデルだ。

デュアルタイム表示では、ホームタイムとワールドタイムの両方を同時に確認できるように、ワールドタイムのインダイヤルを12時間表示とし、りゅうず横の3時側に大きく配置。りゅうずの操作により、ホームタイムとローカルタイムの都市設定ができるほか、ホーム/ローカルタイムの入れ替えは、ボタンのワンプッシュで簡単に行える。

文字板はブラックをベースに、「陽の光を受けた大海原を表現した」という透明感のあるブルーをインダイヤル部分や都市コードリングにデザインした。

シロチョウガイを用いた文字板に、都市コードリングのピンクゴールドが際立つモデル「OCW-S2400PG」(16万2750円)も同時発売となる。