美容外科が江南スタイルならぬ「看護スタイル」制作 過激すぎて罰金

写真拡大

台湾の美容外科が、病院を宣伝するために世界中で大ヒット中の「江南スタイル」のパロディーCMを制作したところ、内容が過激すぎるとして台湾当局から罰金を科せられてしまった。

台湾南部の高雄市に位置する整形外科が制作したCMのタイトルは、江南スタイルならぬ「看護婦スタイル」。整形外科で働くナースたちが登場し、「江南スタイル」の音楽に合わせてさまざまなダンスを披露する。

だが、罰金が科せられただけあって、病院のCMとは思えないほど内容は扇情的だ。セクシーな衣装を身にまとったナースが登場したかと思うと、受け付けのカウンターにもたれながらお尻を振ったり、ミニ丈の白衣で男性医師を誘惑したりする。

江南スタイルといえば、手を体の前でクロスしてステップを踏む“乗馬ダンス”が有名だが、それもセクシーな衣装を着てノリノリでダンス。ピンクのガウンを着たナースが、カラオケのような場所でポールダンスを披露するシーンまである。最後には広場のような所で全員が江南スタイルを踊って終わるのだが、とても病院のCMとは思えない内容となっている。

報道によると、CMはあまりにも過激だとして論争が勃発。台湾当局は「とても扇情的で淫乱物に近い」として警告し、台湾医師協会も「医療従事者の立場から判断すると、この動画は不適切」と指摘した。当局は、CMを制作した整形外科に、5万〜25万台湾ドル(約13万〜68万円)の支払いを命じる方針という。



参照:eTV

■【韓フルタイム】とは……
【韓フルタイム】とは韓国に特化した情報を提供する媒体です。
韓国に詳しい専門の日本人記者が取材、執筆を行っております。