ソーシャルメディアは”恋のハンティングツール”、恋愛関係の維持には不要?

写真拡大

電通パブリックリレーションズの社内横断組織「ソーシャルメディア実験室『アンテナ』」はこのほど、「男女間におけるソーシャルメディア活用」に関する調査結果を発表した。

調査はソーシャルメディアを利用している15歳以上39歳以下の独身男女555人(1都3県在住)を対象に、インターネットにて8月22日〜29日に行われた。

調査ではまず、ソーシャルメディアをきっかけに異性と親しくなったり、彼氏・彼女ができたりしたことがあるかを尋ねた。

「彼氏・彼女ほどではないが、親しくなった異性ができた」と回答した人は36.6%、「彼氏・彼女ができた」は17.5%だった。

ステージ属性別に比較すると、「親しくなった異性ができた」と回答したのは、学生(46.2%)、29歳以下社会人(37.9%)、30代社会人(28.6%)の順で多く、「彼氏・彼女ができた」と回答したのも、学生(24.7%)、29歳以下社会人(15.3%)、30代社会人(14.1%)の順に多い結果となった。

次にソーシャルメディア上でどんな人とつながっているかを聞いたところ、1位は「友達」で95.3%。

2位以下は、「学校の先輩・後輩」(47.6%)、「彼氏・彼女」(35.1%)が続いた。

「元カレ・元カノ」とつながっている人も2割以上(21.1%)存在していた。

また、「ソーシャルメディア上で、彼氏・彼女とどのような関係でいたいか」と尋ねたところ、「ソーシャルメディア上でもつながりたい」と積極的な姿勢を見せた人が全体で20.0%だったのに対し、「相手が望めばつながってもいい」(44.9%)、「本当はつながりたくないが、すでにつながってしまっている」(8.8%)、「つながりたくない」(26.3%)と、合計で80.0%の人がソーシャルメディア上で彼氏・彼女とつながることに対し、消極的(ないし否定的)な姿勢を見せた。

ソーシャルメディア上で彼氏・彼女とつながることの良かったこと・悪かったことを聞いた質問では、良かったこととして「特になし」「一緒にいなくても何をしているかわかる/近況がわかる」「連絡がとりやすい」「話題を分かりあえる/情報を共有できる」との回答が上位を占めた。

悪かったことは「特になし」「知られたくないことも知られてしまう/知りたくないことまで知ってしまう」「浮気・嘘・秘密がばれた・ばれやすい」「自由に書けない・本音を言えない」の順だった。

ソーシャルメディアは、彼氏・彼女へと、その関係性を発展させるための”きっかけ作りツール”=”恋のハンティングツール”としてうまく利用している人が多く、彼氏・彼女という、精神的・物理的に近い関係になった場合、ソーシャルメディアの必要性が薄まり、かえってマイナスの効果をもたらすこともあるようだと調査では考察している。



続きを読む