コクヨが10回目の商品デザインアワード ”学びをサポートする”受賞作品発表

写真拡大

コクヨは18日、「コクヨデザインアワード2012」の受賞作品を発表した。

同コンテストは、顧客起点でのモノづくりをより強化することを目的として、2002年に設立され今年10回目(2010年開催のみ休止)を迎えるコンペティション。

使う人ならではの優れた商品デザインを、広く一般ユーザーから集めて商品化を目指すという。

4月2日〜6月29日までの応募期間に国内外から1,170作品の応募があった。

今回のテーマは『Campus「ノートを超えろ!」』。

1975年に誕生し、ノートだけではなく文房具から家具、空間にまで”学びをサポートする”ブランドへと再構築されている「Campus」ブランドを表現する斬新なデザインを求めた。

審査の結果グランプリに輝いたのは、今井祐介さんと茂木彩海さんのユニット「いま、もてき」の作品「なまえのないえのぐ」。

色の三原色の組み合わせで色を表現した絵の具で、色の名前を限定せず、自分で色を生み出せることに気づかせてくれるという。

優秀賞に選ばれたのは3作品。

迫健太郎さん、今城菜穂さん、溝部洋平さん、藤中康平さんのユニット「GENE CUBIC」の作品「ESORA(エソラ)」は、目の前の対象物を透過して描き出し、子どもの自由な発想をサポートする、透明板付きのホワイトボード。

田淵萬坊さんの作品「かみたば」は、いろいろな紙と触れ合うことにより子どもの想像力を育む、異なる紙素材やデザインが紙束になった知育材。

辻本真理子さんの作品「Pop-up Campus(ポップアップ キャンパス)」は、家庭用折りたたみ学習家飛び出す絵本のように、開くと机と椅子が起き上がり、閉じるとコンパクトになって持ち運びも便利な学習用家具。

同コンペティションの詳細は「コクヨデザインアワード2012の公式ページ」で閲覧できる。