滋賀MK、11月21日よりタクシーの運賃値上げ実施を発表

写真拡大

タクシーなどの乗用旅客運送事業を行っているエムケイは、同社が運営する滋賀MKで11月21日から、タクシー運賃の値上げを実施すると発表した。

滋賀MKは10月5日、近畿運輸局の行政指導により、運賃値上げとなる査定通知を受けた。

値上げに反対して司法に救済を求める場合、仮処分(運賃認可の仮の義務付け)には数カ月を要することや、同社の現行運賃の認可期限が10月末までとなっており、期限が過ぎれば無運賃状態として営業を続けられない状況に陥ることから、今回の運賃値上げに踏み切ったという。

大津エリアでは、中型運賃(初乗り1.8?)510円が550円、小型運賃(初乗り1.8?)500円が540円。

湖南エリアでは、中型運賃(初乗り1.5?)510円が550円になる。

なお、同社では運賃値上げ後も「地域最安値」を維持。

一般的なタクシーと比べて11%(大津エリア小型タクシー、湖南エリア)から13%(大津エリア中型タクシー)安価な運賃で運行するとのこと。