スポーツの意外なルール



野球やサッカーなどのスポーツ競技には、当然ながらルールというものが存在します。例えば野球ならストライクが3つでアウトになる、サッカーならフィールド内で手を使ってボールに触ると反則、といったものですね。



これらは代表的なルールなので多くの人が知っていると思いますが、ルールの中にはあまり知られていない、意外なものも存在するのです。



■野球の意外なルール



●振らなくても振り逃げ

野球用語のひとつである振り逃げ。あまり野球に詳しくない人がこの名前を聞くと、バットを振った場合にだけ適用されるものだと思うかもしれません。しかし実際は、バットを振っていなくても3ストライク目にキャッチャーがボールを落としたり後ろにそらしたりすればこの振り逃げは成立するのです。



ちなみにこの振り逃げという名前は野球の公式ルールには記載されておらず、いわゆる俗称なのだとか。



●打順を間違えたらもう一回

野球で打者が順番を間違えた場合、守備側の選手が抗議した場合は抗議時点でのカウントで正しい打者が打席に入ります。例えば1番打者の打席で2番打者が間違えて打席に入り、2ストライクまでカウントが進んだ状態になって相手から抗議が入った場合は、そのまま2ストライクの状態で1番打者が打席に入ることになります。



次に、打順を間違えたまま打撃を終えるかアウトになった場合は、打撃結果は無効になり、打者はアウトになります。しかしアウトになるのは間違えて入られた打者につき、間違った打者は自分の打順が訪れるので再度打席に立つことができます。



間違えられた方はショックですよね(笑)。

ちなみに審判は打順の間違いに気づいても打撃が終わるまで黙認します。



■サッカーの意外なルール



●抗議はしちゃいけません

サッカーのルールでは、選手は審判に抗議してはいけないのです。ジャッジに異をとなえた瞬間にイエローカードがさく裂します。認められているのは質問だけなのです。サッカーの試合中継で選手が審判に抗議するようなシーンをよく見ると思いますが、あれは「なんで?」と抗議ではなく質問をしているだけなのです。



●カードはピッチ外の選手にも出せる!

サッカーで悪質なファウルがあった場合に主審が提示するイエローカードとレッドカード。これはピッチの中にいる選手だけでなく、ベンチにいる選手にも出すことが可能です。ベンチの選手が審判をののしったりした場合は、ベンチにいながらレッドカードで退場するという離れ業が可能なのです。



ちなみに、ベンチでレッドカードを提示された有名な例が日韓ワールドカップでのアルゼンチン代表のカニーヒア選手。ベンチで審判に暴言を吐き、見事退場になりました。



■ゴルフの意外なルール



●キャディ以外のアドバイスはご法度

ゴルフではキャディ以外にアドバイスを受けることはペナルティーになります。なので一緒に回っている人がコースの形状などについて独り言を言っても反応してはいけません。反応すると、アドバイスを受けたことになりペナルティになってしまうのです。



●カートには踏まれた側が悪い

リモコンで操作のできるカートが導入されているゴルフ場が増えていますが、この自動で走るカートに万が一ボールを踏まれてしまった場合は、踏まれたボールの所有者にペナルティがつきます。操作して踏んでしまった側はノーペナルティなのです。



なんか納得いきませんね(笑)。



■ボクシングの意外なルール



●ロープに頼っちゃいけません

ボクシングのリングには四方にロープが張ってありますが、このロープに寄りかかったり、ロープの反動を使って攻撃したりはしてはいけません。ルール違反になります。またロープをつかむことも禁止されています。プロレスとはやはり違うようです。



どれも経験者なら知っているルールですが、素人だと「知らなかった!」という人が多いのではないでしょうか? 特にゴルフは今回紹介したもの以外にも、「そうなの!?」というルールがいくつもあるので、気になった人はぜひ調べてみるとおもしろいですよ!



(貫井康徳@dcp)