青森県はカシス生産量日本一! ということで、生産農家を訪れました

写真拡大

洋菓子やドリンク類に使われることの多いカシス。

日本で栽培されているというイメージはあまりないかもしれないが、青森では和名である「黒房すぐり」として親しまれており、生産量も日本一を誇る。

カシスの生育条件である夏季に冷涼な気候であること、そして何よりおいしかったことから、1970年代にドイツより苗木を導入して以来、長く育てられてきた。

「あおもりカシス」の名前でブランド化し、5年ほど前から急成長。

平成23年は6.9tを出荷、10年前の3倍以上にもなった。

今後もさらに増産される見込みだという。

注目されるきっかけとなったのは、カシスに含まれる高い抗酸化成分だ。

ポリフェノールはブルーベリーの約2倍、アントシアニンは約3倍。

さらに、ビタミンCはレモンの約2倍だというから、アンチエイジングや美肌を気にする女性には見逃せない。

あおもりカシスの旬は、7月中旬から8月の上旬。

強い陽射しが照りつける中、最後の収穫作業に精を出す、林キクエさん・博美さん親子のカシス畑を訪れた。

収穫はひと粒ひと粒、手摘みである。

1時間に収穫できる量はわずか1kgというから、重労働だ。

キクエさんは、カシス栽培歴17年。

「昔はあんまり知られてなかった。

でも、おいしいから細々と育ててきたの」と笑顔で話す。

摘み立てのカシスを味見すると、酸味のなかにほのかな甘み。

ブルーベリーを思わせるが、もっと皮がしっかりとしていて、酸味もずっと強い。

アイスクリームにトッピングしてつぶしながら食べると、乳製品との相性は抜群で、ベリーのフルーティーな風味と共に甘さを引き立てる。

また、「砂糖を加えて煮ただけ」というキクエさんの自家製カシスジュースは濃厚なのに爽やかな甘酸っぱさ。

炭酸やアルコールとの相性もよさそうだ。

鮮度保持が難しいことから、果実の販売は冷凍品のみとなっている。

通販も行っており、大玉のものが1kgで3,150円(送料別)。

その他、業務用としてピューレや果汁なども販売する。

ジャムやジュース、お菓子などの加工品も好評だが、果実のピュアな味わいはまた格別である。