『E.T.』テーマ曲に取りかかるスピルバーグ監督とJ・ウィリアムズ (写真:YouTube)

写真拡大

1982年の名作SFファンタジー『E.T.』が全米公開されてから今年で30年。このほどスティーヴン・スピルバーグ監督と音楽を担当したジョン・ウィリアムズが映画のテーマを作る様子が公開された。ちなみにジョンは、『リンカーン/Lincoln』や『戦火の馬』といった、スピルバーグ監督の新作でも音楽を手がけている。


ファン必見! 『E.T.』テーマ曲に取りかかるスピルバーグ監督とJ・ウィリアムズ


映像は1分50秒弱の短いものだが、ジョンがピアノであれこれ弾き、それに対して監督がコメントする様子を見ることができる。彼らは映画にぴったり合ったメロディーを探そうと、時に主人公のエリオット少年を演じたヘンリー・トーマスのせりふに耳を傾けながら作業をしていた。



最近ではヘンリー・トーマス少年(当時)のオーディション映像も紹介されたばかり。こちらも要チェックだ。

祝! 『E.T.』公開から30周年