ネットオフ、最大で1万589件の個人情報が流出した可能性と発表

写真拡大

中古品通販サイトを運営するネットオフは19日、同社の顧客情報を保持するサーバーに対して不正アクセスしたと思われる痕跡があり、クレジットカード、及び取引情報の一部が漏えいした可能性があると発表した。

同社によると、流出の可能性がある個人情報は、2011年4月1日〜2012年9月4日の期間、同サイトで販売している商品の購入にあたり、携帯電話サイト(スマートフォンからの利用を除く)にてクレジットカード決済を利用した顧客の個人情報となる。

不正アクセスされた個人情報を保持するサーバーには、当時、最大で1万589件の個人情報が蓄積されており、この情報が流出した可能性があるという。

同社では、判明している不正アクセス経路については、当該経路を封鎖。

また、同携帯電話サイトは発覚よりカード決済を停止し、2次被害に対しての対策を実施しているという。