ほけんの窓口グループ、クラウド版『Garoon』導入--「速度遅延が解消」

写真拡大

サイボウズは23日、ほけんの窓口グループが、大規模向けクラウドグループウェア「Garoon on cybozu.com」(以下、「Garoon」)を4,500名規模で導入し、本社と約320の店舗間を結び、本格稼動したと発表した。

「ほけんの窓口グループ」は、1996年の創業以降、保険相談・見直しをアドバイスする来店型店舗という新たな保険流通チャネルを開拓した、店舗型乗合保険代理店。

35社の保険の中からライフプランに応じた保険のコンサルテーションを提供している。

システム部門では急速に増える店舗と本社の情報共有を強化するため、2006年よりパッケージ版「ガルーン」を導入し、規模拡大に対応。

だが、毎月100〜150人ほど人員が増えるという状況で、サーバーのリソース確保が追いつかず業務に支障が出るレベルの遅延が頻発していたという。

2012年7月、「ほけんの窓口グループ」は、柔軟にスケールアップできる基盤として、クラウド版「Garoon」へ移行することを検討。

2012年9月には、2カ月で4,500名規模のシステムリプレースを実現した。

クラウド版「Garoon」の採用によって、速度遅延は解消し、バージョンアップ作業やシステムメンテナンスの作業負担を大幅に削減することに成功したという。