奈良県橿原市に、歴史が学べる巨大迷路「藤原京ラビリンス」出現

写真拡大

奈良県橿原市にあった「藤原京」は日本最初の本格的な都城。

その広大な藤原宮跡に、11月3日(土・祝)・4日(日)、冒険心とゲーム感覚で歴史を学べる歴史巨大迷路「藤原京ラビリンス」が出現する。

11月4日には熊本県から”くまモン”も駆けつける。

なお、各日とも10時00分から16時30分までの開催で、入場は無料。

毎年秋の恒例イベントとなった「藤原京ラビリンス」。

昨年よりバージョンアップし、重なり合った迷路へ立体的に進化。

さらに大和三山をはじめ、飛鳥地方の史跡が見渡せるように迷路の中心には360度パノラマの高見台を設置し、迷路とともに眺望も楽しめる。

また、今年は、藤原宮跡の上空から大パノラマを楽しむ気球体験も企画されている。

実施は11時00分〜12時00分、13時00分〜14時00分、15時00分〜16時00分。

搭乗時間は5分程度で、搭乗人数は3名程度。

参加条件は、中学生以下で身長100cm以上、保護者同伴不可。

各回とも開始30分前から15分間、先着100名に抽選券を配布し、当選者40名が搭乗できる。

雨・風速等により、予定のフライトを急きょ変更・中断・中止する場合もある。

さらに古事記編さん1,300年を記念して、藤原宮跡周辺の関連資料室や古事記ゆかりの地をガイドとともに巡る「古事記ガイドツアー」も予定。

13時15分に会場内西門前に集合、13時30分出発。

所要時間1時間30分程度。

こちらは定員なしで、事前申し込みは不要だ。

ほかにもさまざまな企画が用意されている、頭と身体を使ってクイズに答え、4カ所のスタンプポイントを通過してオリジナルポストカードを作る「藤原京スタンプラリー」。

1,300年前の藤原京の様子や生活様式などをパネルで詳しく紹介する展示コーナー、大切な人に宛てて、1,300年前をイメージした木簡に文をしたため、特設郵便局から郵送する「木簡体験」も予定している。

また会場には地元の名産品を集めた飲食コーナーも設置される。

なお、橿原市では駐車場には限りがあるため、公共交通機関での来場(近鉄畝傍御陵前駅より徒歩約20分、JR畝傍駅より徒歩約20分)を呼びかけている。