月5万円積立で”自分年金”1億円目指す! 海外投資サービス「いつかは ゆかし」

写真拡大

個人向け投資助言会社のアブラハム・プライベートバンクは22日、海外積立投資支援サービス 「いつかは ゆかし」の提供を開始した。

同社によると、「ゆとりある老後生活費」の平均額は1カ月当たり37.9万円(「生活保障に関する調査」生命保険文化センター、2010年調べ)で、夫婦2人で老後を過ごす期間を25年(60歳から85歳まで)と想定した場合、「37.9万円×12カ月×25年=1億1,370万円」の年金が必要となるという。

今回開始した新サービスは、月5万円の海外積立投資で、将来の年金1億円の資産形成を目指すもの。

「想定年利10%」(同社)という海外ファンドに月5万円から積み立てることができるとしている。

中間マージンや販売手数料なしで、直接運用が可能という。

金利は複利で、「早く始めるほど効果が早く表れる」(同社)。

また、担当スタッフによる電話サポートを受けることもできる。

積立期間は最長で30年。

毎月の積立額は5万円から1万円刻みで自由に設定でき、上限はない。

投資助言料は毎月の積立残高の0.945%/年。

入会金は1万9,800円。

同サービスの提供開始にあわせて、現在「スタート応援キャンペーン」を開催。

期間中、入会を申し込み、アンケートに回答すると1万円がもらえるほか、友達に同サービスを紹介し、その友達が入会すると1人につき1万円がプレゼントされる。

さらに月間最大10万円の優待クーポンも贈呈。

なお、入会30日以内に退会する場合は入会金全額を返金するという。

期間は12月25日まで。

アブラハム・プライベートバンクは、海外投資を専門とする投資助言会社。

監査法人トーマツ急成長企業ランキング「Fast50」を2年連続で受賞している。

富裕層向けマーケティングを展開するアブラハム・グループの一員で、同グループは金融資産1億円以上の富裕層限定組織「ゆかし」を運営していることで知られている。