ポール神田の世界は英語でつながっている! (6) TOEICと秋入学で日本は変わるのか?

写真拡大

■TOEICの経済効果は約1028億円2012年の11月18日(日)に行われるTOEIC試験を実際に申し込んでみた。

自分の英語力をKPI化(見える化)するひとつの方法として、TOEICテストを受けてみるのはこのコラムもあることだし、いい機会だと思った。

また、皆さんにもチャレンジを共有することができる。

もちろん、英語のコラムを連載しながら、ひどい得点を皆さんにさらしたくないというモチベーションも働く。

一方ではかなり自虐的な結果が待っているのかもしれない(笑)。

むしろ、そうでもしないと英語学習のモチベーションはあがりにくいものだ。

ボクにとって、このTOEICテストのスコアは、人生の行方を変えるものではない。

しかし、これからの新卒採用では、TOEICのスコアが人生の行方を左右する時代になりそうな気配がしている。

そもそも、TOEICとは、国際コミュニケーション英語能力テスト(Test of English for International Communication)のこと。

1979年、日本経済団体連合会と通商産業省の要請に応えて公的テスト開発機関、米国ETS(Educational Testing Service)社が開発した。

タイム社の極東総支配入であった北岡靖男と通産官房長の渡辺弥栄司が、文法重視ではなく実際に英語を使うためのテストとして制作を依頼したのがきっかけ。

1986年、通産省の認可を受けた財団法人 国際ビジネス・コミュニケーション協会(IIBC)が運営している。

コンセプトは「ビジネスの現場で必要とされるコミュニケーション英語能力を測定する、世界共通のテスト」 日本で227万人(2011年)韓国で200万人(2008年)で世界200カ国の9割を占め、受験総数は500万人(2008年)に至る。

TOEICの及ぼす経済効果を、ざっとフェルミ推定で計算してみると、市場規模は約1,028億円になる。

内訳は、日本だけの試験料金5,565円×227万人の単純計算で126億3,255万円。

世界全体500万人では約278億2,500万円の試験料金の市場規模だ。

そして、受験者全員が約5,000円の教材を購入し(+250億円)、10人に1人が英語学校などへ10万円分通ったとする(+500億円)で算出してみた。

さらに、TOEICの基礎編となる「TOEIC Bridge」などが幼小中高のK12(幼稚園から高卒までの13年間)市場へ向けて普及するとさらにこの市場は拡大するだろう。

■2011年大卒新入社員のTOEICスコア平均は494点2011年大卒新入社員のTOEIC平均スコアは494点だった。

また、実施企業は954社、受験者数は38,473名だった。

意外だったのがこのリスニング(Listening)とリーディング(Reading)のグラフの差だ。

日本人はリスニングが苦手だけど、読み書きは得意との先入観を持っていたが、このグラフを見る限りでは、リスニングは得意、リーディングが不得手と見ることもできそうだ。

これは、TOEICテストの特徴なのかもしれない。

受験する人が、まったく初回だと、日本語が全く使用されない問題に対して不慣れな状況だったのだろう。

むしろ、「英語」ではなく「English」の理解度を測るためのテストであり、世界約120カ国で使用されているため、当然日本語はない。

当然ながら英訳、和訳なんて問題もない。

だからこそ、日本の英語学習の効果がスコアに反映されにくいテストだ。

むしろTOEICのReadingでは、中学時代の英文法をしっかり理解しているかどうかで得点の差がでる。

4択問題などではそんな問題が多い。

■TOEIC、英検、TOEFL その違いは?TOEICは資格試験でも採用試験でもない。

しかし、その人の英語力を客観的に判断するための指標としては、わかりやすい。

ポイントによるスコア制度なので、合否がなく、10点から990点までに必ず分布されるからだ。