ゲームや楽器、アニメなどバリエーション色々! これまでのGoogleのロゴを見てみよう♪

写真拡大

グーグルの検索ページにある「Google」というロゴ。記念日にはいつもとは違う特別なデザインのロゴになるので、楽しみにしている方も多いでしょう! これらのロゴは、一般的にはホリデーロゴ、グーグル社内では「Doodle」と呼ばれています。

では、これまでにいったいどのようなDoodleがあったのでしょうか? 実はGoogleが設置している「Doodles」というページでは、1998年から今現在にいたるまでのすべてのDoodleを見ることができるんですよ!

ざっと見ていくと、スタート当初の1998年のDoodleはたった3つだけ。しかも、Googleの元ロゴをほんの少し変えただけのおとなしいもの。その後、年を追うごとにDoodleの日は増えていき、だんだんとデザインも凝っていくのがわかります。

近年は、ただのデザインだけでは終わらないことも! たとえば今年のオリンピックシーズン。8月8日はバスケットゴールにボールをシュートするというゲーム、8月10日はキーパーとしてシュートを止めるというサッカーゲームになっているんです! 試しに遊んでみたら、これがけっこう本気になっちゃったりして。

ほかにも、今年5月23日は電子楽器を開発したロバート・モーグの78歳の誕生日にちなみ、シンセサイザーが登場! PCのキーボードを叩くと音が出て、それを録音・再生できたり、音色を変えたりできるという手の込みよう!! なぜこんなことができちゃうのか……スゴすぎます。しかもこの日なんて、Googleというロゴ自体、どこにも入っていないですし。

最近のものだと10月15日のDoodleなんかも面白いです! アニメーションになっていて、自分で矢印をクリックすると、どんどんお話が進んでいくという仕組み。絵柄もかわいくて、まるで絵本を見ているような気持ちにさせられます。

上に挙げたDoodle、皆さんもぜひ実際に遊んでみてください! どの日も趣向が凝らされたDoodleの数々。今後はどんなものが出てくるのでしょうか? これからも楽しみに注目していきたいですね。

(文=鷺ノ宮やよい)

参照先:Google(http://goo.gl/V6a8g)


この記事の動画を見る