筑波大学発のベンチャー企業が無償サービス

写真拡大

筑波大学発のベンチャー企業であるソフトイーサ(茨城・つくば市)は2012年10月22日、遠隔操作ウイルスによる冤罪防止のための通信記録・プロセス起動記録ソフト「パケット警察」の無償ダウンロードサービスを開始した。

通信内容をパケットログとして記録

コンピュータがインターネットとの間で通信を行った際に、その通信内容をパケットログとして記録するソフトウエアだ。ログファイルはテキスト形式なので、メモ帳などのテキストエディターで内容が読める。

万が一、遠隔操作ウイルスによりパソコンが犯罪者に遠隔操作され「踏み台」となった場合に、ウイルスの起動記録や犯人の通信記録がすべてログに残るので、「無実を証明したり、真犯人を追跡したりするための有力な証拠として利用できる」という。

Windows 98、ME、NT 4.0、2000、XP、Server 2003、Vista、Server 2008、 7、Server 2008 R2、8、Server 2012で動作し、IPv6 にも対応している。