絶景! だけどスリル満点。死ぬまでに渡りたい世界のつり橋10カ所

写真拡大

世界最大級の旅行口コミサイト・トリップアドバイザーは、「死ぬまでに渡りたい世界の徒歩つり橋10」を、同サイト上で公開した。

同サイトはこれまでも、「死ぬまでに一度は訪れてみたい世界の観光スポット」をテーマごとにまとめ、「トリップアドバイザー・バケットリスト」で定期的に紹介している。

今回のテーマは「世界の徒歩つり橋」。

世界各国から、スリルあふれる歩いて渡るつり橋を紹介している。

最初に紹介しているのは、アルプスで一番長く、高い場所にあるつり橋「スイスのトリフト橋」。

トリフト氷河が作り出した湖にかかる橋で、全長170m。

100mの高さから眺めるアルプスは圧巻だという。

次は北アイルランドの「キャリック・ア・リードつり橋」。

沖に浮かぶ小島にかかる全長約20mの短い橋だが、足元30m下に海が見える。

風が強い日などはつり橋は容赦なく揺れるため、スリル満点だ。

カナダの「キャピラノつり橋」は、森の中にかかる高さ70m、全長137mのつり橋。

観光客も多く、人が歩くたびにゆらゆらと揺れる。

美しい森林をハイキングしながら、スリルある体験も楽しめる。

また、廃鉱となったゴーストタウンへと続くメキシコの「オフエラ橋」や、高低差316mの世界一高いつり橋、アメリカの「ロイヤルゴージブリッジ」も紹介。

日本からは、かずらと呼ばれる植物で造られたつり橋「かずら橋(徳島県)」が紹介されている。

そのほかのつり橋は、「死ぬまでに渡りたい世界の徒歩つり橋10」で見ることができる。