静岡県伊東市・伊豆シャボテン公園でワタボウシタマリンに双子の赤ちゃん

写真拡大

伊豆シャボテン公園(静岡県伊東市富戸1317-13)では9日、ワタボウシタマリンの夫婦、父親の「う〜」と母親の「ちぃ」の間に2頭の赤ちゃんが誕生した。

同園では現在、オス3頭、メス3頭の合計6頭のワタボウシタマリンを飼育しており、今回のペアでは今年の3月に引き続き3回目の出産となる。

父親「う〜」は育児の経験があるため、しっかりと子育てをしている。

まだ赤ちゃんの雌雄は不明だが、基本的に子は父親の背中にしがみついている。

母親の「ちぃ」もきちんと授乳をしており、2頭の赤ちゃんは元気に成長している。

現在、生まれたばかりの赤ちゃんたちは、園内の地球環境館1階にて展示中。

餌の時間の前後、午前中は10:30頃、午後は15:30頃、11月からは14:30頃が、一番活発に活動しているという。

ワタボウシタマリンは体長20〜30?、 尾長30〜40?、体重300〜400g。

頭がふさふさした長い白い毛に覆われており、綿帽子(わたぼうし)をかぶったように見える。

赤ちゃんが誕生すると世話をするのは父親で、父親は2〜3時間ごとに授乳のために母親に子を渡す。

妊娠期間は、140〜150日。

通常、1回の出産で2頭の赤ちゃんを産むという。