ペット調査。ペットと外出する際に持っていくものに「デジカメ」16.8%

写真拡大

ペット専門のアンケートサイト「アセラブログ ペットリサーチ」は18日、「ペットとのライフスタイルに関するアンケート調査」の結果を発表した。

同サイトは、ペット専用ブログサイト「アセラブログ」を運営する「エス・キュー」と、アンケートサイト「Qzoo」を運営する「ゲイン」の提携により、5日にサービスを開始。

同調査は、サイト開設後初の調査として5日から9日まで行われ、ペットを飼育している男女500名から回答を得た。

「飼っているペット」について複数回答で聞いたところ、全体の33.6%が猫を飼っており、特に20代と60代以上の女性は4割を超えた。

2番目に多い「小型犬」を飼っている人は32.6%。

特に50代と60代以上の男性、30代の女性が多く4割を超えた。

中型犬は19%、大型犬は5.8%で、犬全体では45.2%だった。

「ペットと一緒に行ってみたい場所」という質問では、「国内旅行」が31.2%、「ハイキング・ピクニック・キャンプ」が22%、「温泉」が18.4%だった。

ただし「特に行きたい場所はない」と答えた人は50.8%。

特に20代以下の男性は66%と高かった。

自由回答では「ペットは家族であり兄弟であり親友だから、可能な限り思い出を共有したい」「自由に遊ばせてあげたい」との意見が多かった。

「ペットと一緒に入れる施設が少ない」との声も多く見られた。

なかには「ハヤブサを飼っているので山で飛ばせてあげたい」という人もいた。

「ペットと外出する際に持っていくもの」については、「リード」(46%)、「エチケット袋」(41.6%)、「首輪」(36%)など、散歩の際に持ち歩く物が多かった。

「デジタルカメラ」を持っていくと答えた人は16.8%で、特に60代以上に多かった。

「実際には発売されていなくても、欲しいペット用品」についての自由回答では「GPS機能が付いた首輪」「ペットの体調がひと目で分かる装置」など、迷子や体調管理を心配する声があがった。

また「うさぎ用ハーネス」「カメ用リード」など少数派ペットの便利グッズを求める声も多かった。

アンケートの詳細内容は「Qzoo内の結果報告ページ」で閲覧できる。