睡眠調査。朝の目覚め、男性は自然に、女性は携帯のアラームで -ライフメディア調べ

写真拡大

インターネット情報サービスを手掛ける「ライフメディア」は17日、「睡眠に関する調査」の調査結果を発表した。

この調査は、同社が運営するサイト上で5日〜10日に行われたもの。

全国の10代〜60代の男女1,421人から回答を得た。

「最近の睡眠についての満足度」を聞いたところ、「大変満足」は3.4%、「まあ満足」は32.4%で、この二つを合わせた「満足している」人は35.8%だった。

対して「まったく満足していない」は8.4%、「あまり満足していない」は34.3%で、睡眠に満足していない人の方が多かった。

「睡眠についての不満」についての問いには、回答が多かった順に「疲れが取れない」が34.4%、「ぐっすり眠れない」が28.3%、「寝つきが悪い」が27.1%だった。

「快眠なので特に不満はない」と答えた人は18.3%だった。

「朝はどのような方法で起床するか」との問いでは、「自然に目覚める」がもっとも多く43.8%。

「携帯電話のアラーム」が43.6%と僅差で続いた。

「目覚まし時計」は33.9%で3位だった。

男女別に見てみると、男性は「自然に目覚める」が46.6%。

対して女性は「携帯電話のアラーム」が48.5%ともっとも多かった。

「朝起きてから完全に目を覚ますためにやっていること」については、「トイレ」(50.7%)、「顔を洗う」(42.6%)が多かった。

以下「飲み物を飲む」(30.5%)、「歯を磨く、うがいをする」(29.2%)と続いた。

特に何もしない人は21%だった。

この調査では、他にも「平均睡眠時間」「理想とする睡眠時間」「寝るためにどんな準備をしているか」などの調査結果が報告されている。

詳細内容は同社のアンケート結果発表ページ「リサーチバンク」へ。