日本初のロールケーキ・コンテスト「ROLL-1グランプリ」の優勝者が決定!

写真拡大

協同組合全日本洋菓子工業会(世界洋菓子連盟日本本部)とスイーツコンテスト実行委員会は16日に「ROLL-1(ロールワン)グランプリ/第1回スイーツコンテスト」を開催、クラブハリエ近江八幡日牟禮ビレッジの中嶋万規子さんの作品「Pour Pa Pa」が優勝した。

このコンテストは、日本初となるロールケーキのコンテスト。

全国から集まった103作品の中から、一次審査(書類選考)で選出された20作品が優勝を競った。

選手自らが切り分けた作品を、スイーツ親方こと第62代横綱大乃国の芝田山親方、農林水産省大臣官房審議官の櫻庭英悦氏の2氏が特別審査員に名を連ねた審査員が試食した。

審査の結果、優勝は「クラブハリエ近江八幡日牟禮ビレッジ」(滋賀県)・中嶋万規子さんが、父親に食べてもらうためにと作った「Pour Pa Pa」に。

準優勝にはサントル・ドゥ・ヴィラージュ(大阪府)・高嶋大樹さんの「太子ロール」が、3位には柏屋(福島県)・矢代優さんの「フクシマ三吉ロール」がそれぞれ入賞した。

入賞作品はデパ地下催事等で販売されることもあるという。

その他各賞の発表や詳細情報は「全日本洋菓子工業会公式ページ」へ。