「α99」用に最適化された画像処理エンジン搭載

写真拡大

ソニーは2012年10月26日、レンズ交換式デジタル一眼カメラ「α」Aマウント最上位機種「α99」を発売する。価格はオープンだが、想定実売価格は30万円前後とみられる。

「α」シリーズ最高画質を生成

有効約2430万画素35ミリフルサイズで、像面位相差AF(オートフォーカス)を実現した新開発の「Exmor(エクスモア)」CMOSイメージセンサーを搭載しているほか、「α99」用に最適化された画像処理エンジン「BIONZ」の採用などにより、「α」シリーズ最高画質を生成する。

また、クロスセンサーを11点配置した19点の高速・高精度位相差AFセンサーと、イメージセンサー上に埋め込んだ102点の多点像面位相差AFセンサーを同時駆動させる「デュアルAFシステム」を搭載することで、被写体が19点AFセンサー上から外れた場合でも、カバー範囲がより広い多点像面位相差センサーが追尾し続けるという、高性能なAFを実現した。

動画撮影の面でも、ISO6400の高感度撮影が可能な35ミリフルサイズCMOSイメージセンサーにより、鮮やかな描写力と滑らかな画質を可能としている。