哀川翔は「男気で 作ったと見せ 裏でチン」。「新世代シニア」の実態とは?

写真拡大

日本冷凍食品協会は50代・60代の男女800名を対象に、ライフスタイルに関する調査を実施。

その調査を通じて浮かび上がってきた「新世代シニア」の実態を、冷凍食品の日である10月18日、都内でイベントを開いて発表した。

調査は8月24日〜26日、全国の50代・60代の男女800人(5歳刻みで男女各100名ずつ)にインターネットを通じて行った。

質問項目は「50歳前後以降に始めた趣味やスポーツがある(=ポジティブ)」、「インターネットを活用している(=デジタル)」、「ボランティアや社会貢献活動をしている(=シンパシー)」。

すると、ポジティブに関しては34.4%、デジタルに関しては43.5%、シンパシーに関しては16.0%の人が当てはまると回答した。

中でも、2項目以上に該当する人は25.5%と4人に1人という結果になった。

同協会は趣味やデジタルライフ、社会活動に対して積極的に楽しむシニア層を、「新世代シニア」と定義。

そのライフスタイルに注目した。

同協会は「新世代シニア」の代表として、哀川翔さん(51歳)をゲストに迎え、同協会の伊藤雅俊会長とトークショーを開催。

哀川さんは47歳の時に、ラリーチーム「Show Aikawa World Rally Team」を始動。

「アジアクロスカントリーラリー2012(AXCR)」にて、T1Gクラス1位を獲得している。

また、毎年夏にはキャンプを行っており、2012年には仲間は150名以上にまで拡大したという。

「趣味がないと生きている実感がない。

そのためには早寝早起き、嫌、早く起きるために早く寝ているようなもの」と哀川さん。

夜は遅くとも21時30分には就寝し、朝は4時に起床。

イベント当日も4時に起床し、ゴルフのスイングを300回、球を150発打つことから1日が始まったそうだ。

実際にバイタリティーのあるライフスタイルを実現するために、「新世代シニア」はどのようなことに気をつけているのか? 調査で「新世代シニア」に該当した204名に、「健康のために大切にしていること」を尋ねたところ、85.3%の人が食生活と回答。

食生活で最も気にかけていることは「なるべく野菜を多く摂る」(79.9%)で、「1日3食」(61.3%)、「栄養バランス」(59.6%)が続いた。

そこで、食生活においてどうやって時間の有効活用を図っているのか、「新世代シニア」たちに質問。

すると、53.6%が「冷凍食品」と答え、「調理器具の購入」(47.5%)、「総菜の購入」(38.1%)が続いた。

冷凍食品の利点としては、「保存が利く」「調理時間を短縮できる」「食べたい時にすぐ作れる」などという声があがった。

哀川さんも常に冷蔵庫にはたこ焼きと焼きそばが入れているという。

トークショーの最後には、冷凍食品の活用性を伊藤会長と哀川さんが川柳で表現。

伊藤会長は「加齢化を 瞬間冷凍 鮮度良し」、哀川さんは「男気で 作ったと見せ 裏でチン」と詠んだ。

イベントの後半には、冷凍食品を使ったアレンジメニューの試食会を開催。

メニューには哀川さんが考案した、「ミニハンバーグとたこ焼きの塩ねぎソース」と「水炊き風鶏団子鍋」も登場した。

アウトドアを趣味としている哀川さんは、凝った手料理はもちろん、冷凍食品を使った簡単アレンジ料理も得意という。

「そのまま食べるだけではもったいない。

鍋は薄口にしてみたので、ゆずこしょうをちょっとふって食べてもらいたい」とコメント。

哀川さん自らがイベント来場者にサーブする場面もあった。