北海道発大人気「生クッキー」、初のカフェをオープン

写真拡大

スイーツマニアの間で話題沸騰中の北海道スイーツがある。

その名は「生(レア)クッキー」である。

北海道・長万部発、北海道産の小麦粉や道産バターを使い、さらには卵も地元産。

塩はオホーツク海産と北海道食材にこだわり、しっとりやわらか食感に仕上げたクッキーだ。

発売は2010年3月。

実店舗を構えずインターネット販売を中心にファンを拡大。

数多くの媒体で紹介され、お取り寄せグルメだけではなく、おもたせグルメとしての人気も高まっている。

生クッキーは4種類で、「キャラメルカシューチャンク」「マカチョコチャンク」「クリーミーホワイトチャンク」「濃厚フレッシュ」(それぞれ4枚630円)を揃える。

さらに、「ショートケーキクッキー」として「チョコレートケーキクッキー」「ショートケーキクッキー」(それぞれ3枚525円)を用意。

こちらは、チョコレートケーキやショートケーキをクッキーで表現したもので、濃厚な味わいが楽しめる。

これらの商品を販売するのはコーキーズインターナショナル。

長万部出身の佐藤公紀氏が代表取締役を務める。

特徴的なのは、商品の味わいだけではない。

例えば生クッキーシリーズは白と黒の非常にシンプルなパッケージだが、ショートケーキクッキーシリーズは本物のショートケーキのような三角形の箱に入っている。

7個揃えれば1ホール。

おもたせとして人気が高いのも頷ける。

さて、そんな同社が初のリアルショップ「COWKEY'S COOKIES 円山店」をオープンした。

場所は北海道・札幌の円山公園近く。

15席のカフェスペースを併設し、生クッキーを使ったパフェも用意する。

佐藤氏は、「焼きたてのクッキーを提供するため、カフェは必須だと思っていた」と語る。

店舗は牛小屋をイメージ。

真っ白な天然漆喰壁で囲まれた店内からはガラス張りの工房が見える。

商品ディスプレーには本物の牧草があしらわれ、なんともナチュラルな雰囲気。

ドーム型の天井の所々にはミルククラウンがデザインされ、遊び心に溢れている。

イートインメニューは、焼きたての生クッキーとコーヒーのセットが500円(コーヒーSサイズの場合)。

他に、「生クッキーソフト」(380円)や「生クッキーパフェ」(780円)など、ここでしか食べられないメニューが揃う。

ちなみにコーヒーは、札幌市内にある「杉屋珈琲」のコーヒー豆を使用。

生クッキーに合わせてブレンドされたオリジナルブレンドを用意するこだわりようだ。

9月23日のグランドオープンから約1カ月。

地元客を中心に人気を集め、好調だという。

佐藤氏は、「今後は、小麦粉やバター、卵を使わないアレルゲンフリーのクッキーも販売したい。

既に開発済みで、生クッキーを食べられなかった子供たちにもおいしいクッキーを食べてもらいたい」と抱負を話してくれた。