長野県蓼科高原で「小津調映画」の世界を楽しむ! 「蓼科高原映画祭」開催

写真拡大

長野県茅野市の蓼科高原で第15回となる「小津安二郎記念 蓼科高原映画祭」が開催される。

開催日時は10月27日(土)、28日(日)の2日間。

上映場所は茅野市民館と新星劇場の2か所。

日本映画史上、黒沢明、溝口健二と並び三大巨匠と称される小津安二郎監督は、蓼科高原を気に入り、蓼科にある山荘でシナリオライターの野田高梧とともに多くの作品を生み出した。

この映画祭は、小津、野田両氏にゆかりのある蓼科高原・茅野市で「小津映画・小津のこころ」に触れるとともに、小津に続く国内外の映画の上映やさまざまなイベントをとおして、この地から21世紀の映画が生まれることを願って平成10年にスタートした。

今回の上映作品は小津安二郎監督作品「父ありき」、「東京の合唱(コーラス)」。

追悼・新藤兼人監督として「一枚のハガキ」、「午後の遺言状」のほか、日本映画監督協会新人賞作品、市民公募作品など13タイトル。

さらに短編映画コンクールも行われる。

ゲストは女優の樹木希林、川上麻衣子、映画監督の原田眞人、三島有紀子、砂田麻美、鈴木健介、活動弁士の澤登翠、近代映画協会社長兼プロデューサーの新藤次郎、共同通信社編集委員の立花珠樹各氏が出演の予定だ。

なお、ゲストはやむを得ない事情により変更になる場合がある。

映画上映のほか、シネマカフェ、交流パーティーなどが行われる。

また、茅野市民館ロビーで新藤兼人監督写真展も企画されている。

上映スケジュール、料金など詳細は蓼科高原映画祭ホームページで確認を。