●五家の崩壊

(画像:amazon.co.jpより)
©IF・DF/「緋色の欠片」製作委員会


平成24年10月期のTVアニメ「緋色の欠片 第二章」がTOKYOMXテレビその他で放映されています。

※平成24年4月期「緋色の欠片」の続編にあたる作品です。

主人公の春日珠紀は、両親の海外転勤を機に、祖母が住む母の実家がある季封村に引っ越してました。しかしその村で珠紀は突如カミサマと呼ばれる奇妙な生き物達に襲われます。珠紀を救ったのは、不思議な能力を操る鬼崎拓磨という少年。
そして彼女の使命は「玉依姫」として鬼斬丸という刀の封印をすること、異形の集団「ロゴス」との戦い、彼女の守護者と呼ばれる少年達、春日珠紀の運命や如何に?

主なキャスト
春日珠紀(かすが たまき):三宅麻理恵さん
鬼崎拓磨(おにざき たくま):杉田智和さん
鴉取真弘(あとり まひろ):岡野浩介さん
狐邑祐一(こむら ゆういち):浪川大輔さん
犬戒慎司(いぬかい しんじ):下和田ヒロキさん
大蛇卓(おおみ すぐる):平川大輔さん
狗谷遼(くたに りょう):野宮一範さん
言蔵美鶴(ことくら みつる):藍川千尋さん
宇賀谷静紀(うがや しずき):久保田民絵さん
芦屋正隆(あしや まさたか):永野善一さん
多家良清乃(たから きよの):三森すずこさん
アリア・ローゼンブルグ:磯村知美さん
アイン:安元洋貴さん
ツヴァイ:川原慶久さん
ドライ:上田燿司さん
フィーア:大原さやかさん
おーちゃん:山口立花子さん

●犬戒慎司の弁明
犬戒慎司がロゴスへ寝返ったという疑い、それらの疑いを弁明する犬戒慎司本人ですが他の守護者は俄かには彼を信用していません。

そのことに最もショックを受けているのは言蔵美鶴、彼女は言葉には出さなくとも表情は凍りついているようです。

一方、ロゴス本拠地ではドライが守護者征伐を促しているとは言え、アリアは本部との連絡が取れない事で静観する構えの様子。そもそもドライ自体を信用していないわけですが…。

※アリアが本当に信用しているのはフィーアだけのようです。
●結界の森
春日珠紀と守護者達は結界のある森へと向かいます。そこでは山の神が再び眠りから覚めたようですが…。

それは玉依姫たる春日珠紀がやってきた事、また鬼斬丸の封印が解けたためにロゴスが暗躍している事にも関係しているようです。

結局、それらを抑えるには守護者自らが命を絶つ必要があるようです。

鬼崎拓磨の中に眠る鬼、それがその鍵を握るとの事ですが…。
●鬼崎拓磨の中の鬼
学校には春日珠紀の他、鴉取真弘と狐邑祐一のみ(なお、鬼崎拓磨は寝坊していただけのようです)。

鬼崎拓磨の中にいる鬼が暴走しそうになると、春日珠紀は彼に対して玉依姫の力を用いて抑え込もうとします。

それらは彼女が玉依姫の力を使いこなせていないから、それゆえ彼女自身が自らの力不足を痛感しているのです。もちろん鬼崎拓磨にとって彼女の存在はかけがえのないものとなっています。
●大蛇卓の思惑
大蛇卓がロゴスに寝返ったのは彼の策略。それはロゴスにある法具を取り戻すため。

もちろん、その事は誰にも知られないように。

大蛇卓とドライ達は鬼斬丸のある結界の森へ向かいます。但し、その結界は彼の力でも破れないようです。

そこでドライは何か別の方法を思い付いたようですが…。

「緋色の欠片 第二章」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「緋色の欠片 第二章」第2話「大蛇卓の寝返り!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「緋色の欠片 第二章」第1話「玉依姫、再び」(ネタばれ注意)
【アニメ】「緋色の欠片」第13話「玉依姫」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「緋色の欠片」TVアニメ公式Webサイト
緋色の欠片(通常版)