銀行トリビア (17) 「銀行」っていつごろからあったの?

写真拡大

日本で「銀行」が誕生したのは明治のはじめですが、現在の銀行が行っているような金融にかかわる仕事をする商売は江戸時代からありました。

それが両替商です。

江戸時代にはお金が3種類ありました。

1つは金貨で主に東日本で使われていました。

単位は「両」「分」「朱」。

もう1つは銀貨で主に西日本で使われていました。

単位は「匁」。

そして、日常の生活で使われていたのが銅貨(銅銭)で、単位は「文」。

この3つを交換するのが両替商です。

両替といっても、交換レートは変動したので、今でいう外貨取引に近いものといえるでしょう。

江戸時代、工業や商業が発達し商取引が活発になるにつれて、両替のニーズが高まり、両替商が力を持つようになります。

特に、幕府や全国各地の藩は、集めた年貢米を大阪で売却し、その代金を江戸へ送っていたため、大阪には数多くの両替商が集まっていました。

両替商たちは両替仲間という同業者の組織を作って、金相場所という取引所で貨幣の交換を行いました。

ここでの取引によって、貨幣の交換レートが決まったのです。

大阪の両替商は振手形も扱いました。

これは、商人が両替商に当座預金口座のようなものを作り、直接お金をやりとりせずに資金の決済をする仕組みです。

例えば仕入れ先へ代金を支払う場合、両替商あてに振りだした代金相当額の振手形を相手に渡します。

振手形を受け取った商人は、それを自分が取引している両替商に持っていき、代金額を自分の口座に入金してもらいます。

今の手形・小切手と同じですね。

両替商は遠く離れた場所への送金、つまり為替も扱い、有力な両替商になると、幕府の公金を扱ったり大名にお金を貸したりするなど、大きな金融取引をしていました。

このように両替商は、両替、為替、貸付、預金など、金融機関としての役割を果たしていたわけです。

明治になると、大手の両替商は銀行に転換しました。

例えば、鴻池両替店→三和銀行(現・三菱東京UFJ銀行)泉屋両替店→住友銀行(現・三井住友銀行)三井両替店→三井銀行(現・三井住友銀行)安田屋両替店→安田銀行(現・みずほ銀行)といった具合です。

今メガバンクと呼ばれる銀行のルーツは、江戸時代の両替商にあるのです。