宮城県のJR仙石線・東北本線つながる - 復興支援で塩釜〜高城町間に接続線

写真拡大

JR東日本仙台支社は18日、仙石線沿線市町への復興支援として、仙石線と東北本線を結ぶ接続線の整備を発表した。

今後、整備に向けて必要な準備を進めていくという。

仙石線は仙台近郊で唯一、直流電化されたJRの路線。

東北本線とは仙台駅で接続しているものの、仙石線のホームは地下にあり、線路はつながっていない。

東日本大震災で被災し、現在も高城町〜陸前小野間が不通となっているが、陸前大塚〜陸前小野間で山側に500m程度移設しての復旧を予定している。

仙石線と東北本線は塩竃市から松島町にかけて接近する区間がある。

今回発表された接続線は、仙石線高城町駅付近(松島海岸〜高城町間)と東北本線松島駅付近(塩釜〜松島間)を結ぶ計画だという。

接続線が整備され、仙石線高城町〜陸前小野間が運転再開すれば、東北本線・仙石線経由で仙台〜石巻間の走行が可能となり、所要時間の短縮が図られる。