宮城県の気仙沼駅、岩手県の盛駅・釜石駅・宮古駅リニューアル - JR東日本

写真拡大

JR東日本盛岡支社は16日、気仙沼駅、盛駅、釜石駅、宮古駅のリニューアルを発表した。

4駅とも工事を開始しており、12月上旬の完成をめざしているとのこと。

東日本大震災で被災した三陸海岸沿岸部の活性化に貢献すべく、地域の拠点となる4駅がリニューアルされることに。

デザインコンセプトは、「清らかな海、やさしい風の香り、美しい地形を感じる特徴をもった『親しまれる駅』 〜交流を生み出し、賑わいの場として、親しまれる駅〜」(JR東日本盛岡支社)で、三陸海岸の特徴を取り入れたデザインとなる。

リニューアルにあたり、気仙沼駅は「漁港のまち」、盛駅は「海岸のまち」、釜石駅は「鉄のまち」、宮古駅は「浜のまち」をそれぞれイメージしたという。

気仙沼駅の駅舎は、三陸海岸の「岩」をイメージしたデザインに。

岩を模したアプローチゲートを、駅舎の入口上部の庇(ひさし)で表現する。

釜石駅では駅舎全体に「鉄」をイメージしたルーバーを配置し、宮古駅の駅舎は浄土ヶ浜をイメージした「砂浜」を表現したデザインに。

現在は不通となっている大船渡線盛駅も、今回のリニューアルで駅舎にルーバー状の庇が配置され、待合室の窓や入口で碁石海岸の穴通し磯を表現するとのこと。

なお、気仙沼駅に関しては一部列車の発着番線変更も発表されており、12月1日より新たに列車4本が1番線(駅舎側)発着に。

一ノ関方面の大船渡線の列車21本(下り11本、上り10本)のうち、19本が駅舎側のホームを使用することになり、跨線橋の使用が少なくなることから乗換えなどの利便性が向上する。